コーヒーの飲み過ぎで胃痛になったら”納豆”を食べよう!その意外な理由とは?!

スポンサーリンク

coffee-983953_1280

仕事中に何杯もコーヒーを飲んでいるという人は多いことでしょう。

コーヒーは無くなると欲しくなるものですが、飲みすぎると胃痛になったりしますよね。

この胃痛は長引くととっても怖いですよね。

どうして胃痛になるのか、その対処法には何が良いのか、お話ししましょう。



スポンサーリンク

コーヒーの飲み過ぎで胃が痛い!その理由とは?

30FotorCreated

そもそもコーヒーを飲みすぎると、どうして胃が痛くなってしまうのでしょう?

その原因はコーヒーに含まれている成分の代表格であるカフェインのせいだったんです!

カフェインには脂肪を分解するリパーゼを分泌させる働きがあります。

このリパーゼは、食べた際の食後ならとっても有効的なのですが、コーヒーを飲みすぎると大量にリパーゼが分泌されてしまい、胃液を過剰に分泌してしまうために胃を荒らしてしまうのです。


カフェイン(コーヒーなど)の取りすぎに注意!効果と危険性が・・・




コーヒーの飲み過ぎで胃痛になったら”納豆”を食べよう!その理由とは!?

food_natto

コーヒーの飲み過ぎで胃痛になってしまったら、納豆を食べると良いと言われています。

なぜなのでしょうか?

それは、納豆に含まれているムチンという成分が、胃の粘膜を再生させてくれるからです。

傷ついた胃の粘膜が回復すれば、自然と胃痛も治りますよね。

さらに、胃痛になったら、なるだけお粥など消化に良いものを食べて、2日はコーヒーを控えてくださいね。


他にも温かい牛乳が良いと言われています。

スポンサーリンク

牛乳には胃液を抑えて、胃の粘膜を保護する作用があると言われています。

温めた牛乳をゆっくりと飲むのも胃炎や胃痛を軽減させることが出来るでしょう。



コーヒーの飲み過ぎで下痢になった場合の対処法とは?

coffee-690349_1280

短期間にコーヒーを飲み過ぎると下痢になりやすいと言われています。

下痢になってしまった場合は、2日ほど消化に良い食べ物を食べて、コーヒーは控えて安静にしていましょう。


他にも、コーヒーを飲み過ぎると、吐き気を感じることもあります。

こちらもコーヒーのとりすぎであれば、2~3日ほどコーヒーを控えれば治せるでしょう。



コーヒーの飲み過ぎで体調不良にならないために。1日の最適な量とは?

coffee-264289_1280

まず、一日4杯以上飲むと飲み過ぎとされているので、一日3杯までに抑えるようにしましょう。

さらに、短期間で大量に飲むようなことはやめましょう。

また、空腹の状態で飲むのも胃炎になりやすい行為なので控えましょう。

さらに、ブラックで大量に飲むと、カフェインが濃くなりがちですので、なるだけカフェオレ程度に薄めて飲むのも良いでしょう。



【最後に】

150912275732

いかがでしたか?

コーヒーは適量であれば、リラックス効果が得られるので、仕事中などイライラした時に休憩をとって飲むのに最適な飲み物です。

さらに脂肪を分解してくれるので、ダイエット中にも最適ですね。

うまく付き合えば、あなたの体に良い効果をもたらしてくれるので、ぜひ適量を守ってコーヒーを活用してみてくださいね。

スポンサーリンク