50代のダイエットにおすすめの運動はズバリ”スロージョギング”!その効果とは?

スポンサーリンク

RAN160214150I9A8237

50代になって、運動不足も加担してどんどん太ってきたと悩んでいる人はいませんか?

太っていると、糖尿病や生活習慣病になるリスクが高いので心配ですよね。

毎日、運動を日課に取り入れたいけど、何をしたらいいか迷っているなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。



スポンサーリンク

50代のダイエットにおすすめの運動”スロージョギング”とは?

スロージョギングは50代の運動不足の方にとってもお勧めの運動です。

なぜかというと、スロージョギングなら歩く速さ程度で走るので、遅筋を使用します。

このため、あまり疲れることなく、長く走ることができます。

長く走れるということは、その分たくさんの脂肪を燃焼できるので、半年で6㎏も痩せた人だっています。

さらに、歩く速さであっても走ることで、ウォーキングよりも消費カロリーを高めることが出来るんです。

一日20分間のスロージョギングで、一年間で5㎏減が期待できますよ。


走る際は背筋を伸ばして、少し前かがみの姿勢で、足で地面を蹴らずに足の裏全体で押すように走るのがコツです。

1日30分、誰かと楽しくしゃべりながら行うのがベストですよ。


【ダイエット】ダイエットの革命!”絶対に疲れちゃダメ”がルールの『スロージョギング』とは?




50代、更年期はなぜ痩せにくい?太りやすい?その理由とは?

diet_before_woman

50代の特に女性は、更年期が訪れて、さらに痩せにくくなると言われますよね。

なぜなんでしょうか。


まずは女性ホルモンのエストロゲンの低下が原因として挙げられます。

エストロゲンは脂肪の代謝を手伝う成分ですが、減ってしまうことで脂肪が燃焼しにくい状態になります。


さらに、筋肉量が低下することでエネルギーの消費が減るため、運動習慣がない場合は体内に入れたエネルギーが燃焼されずに、脂肪として残ってしまうようになります。


もう一つは内臓脂肪が更年期頃になると増加しやすくなることです。

スポンサーリンク

お腹の肉はつまめるほどではないのに、ウエストのサイズが大きい人が内臓脂肪の多い人ということになります。

女性ホルモンが減少すると、内臓脂肪が蓄えられるようになるのが原因です。



50代からのダイエット!痩せるだけじゃない!運動による嬉しい効能とは?

thumbs-up-24107_1280

運動することのメリットは、ダイエットだけではありません。

糖や脂肪をエネルギーに変えて効率よく消費してくれるので、血糖やコレステロールがコントロールされてメタボな体を改善してくれます。

さらに、血糖値も少なくなるので、もちろん糖尿病のリスクも下げてくれます。



50代が美しく痩せるには運動プラス食生活の見直しを!逆三角形の食生活とは?

vegetables-815777_1280

50代からのダイエットなら、食事の習慣も見直してみましょう。

運動とプラスすることでさらなる効果が得られることでしょう。


食事で気を付けるのは、まず食事の量です。


朝は活動の始まりなのでたくさん食べても消費されるので大丈夫です。

なので、きちんと栄養バランスのとれた食事を心がけてください。


お昼はドカ食いを避けて普通の量を心がけてください。

なるだけ、高カロリーなものは避けてくださいね。


そして、夕飯ですが、夜は寝るだけですよね。

消費する時がないので、夕飯では炭水化物を抜いて、野菜中心の消化に良い食事を心がけてみましょう。

腹7分目程度がちょうどよいでしょう。


こうすることで、自然と脂肪のつきにくい体になると思いますよ。



【最後に】

shiosio_kasdfjk

いかがでしたか?

50代になると、若い頃にやっていたのと同じダイエットは通用しないことが多く、さらに若い時と同じ習慣では太りやすくなる場合もあります。

なので、ぜひ年代ごとに、その時にあった運動や食生活を心がけてみてくださいね。

50代だから痩せないということではないので、しっかりと正しい知識を身に着けて、ダイエットに励んでみてくださいね。

スポンサーリンク