赤ちゃんがヘルパンギーナに感染!湿疹(発疹)が出る場合もあるの?

スポンサーリンク

1

夏を感じさせる気持ちの良い初夏、それとともに活発化するウイルスがあります。


主に乳幼児~子供がかかることで有名なヘルパンギーナもそのひとつ。


もし赤ちゃんがヘルパンギーナに感染したかも?と思ったら、ぜひ症状や対処法をチェックしてくださいね!


今回は、赤ちゃんのヘルパンギーナ、湿疹や症状、またよく似た湿疹についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

赤ちゃんがヘルパンギーナに感染っぽいけど湿疹(発疹)って症状があるの?

2

赤ちゃんがヘルパンギーナかも!と思った症状はどんなものだったでしょうか。


ヘルパンギーナにかかると、特徴的な症状が表れるのです。


ヘルパンギーナの症状の特長

・発熱

・のどの痛み

・のどの炎症

・のどの水疱

・よだれ

・嘔吐

・不機嫌になる


湿疹、発疹はでる?

ヘルパンギーナにかかると「体に湿疹ができる」という記述は少ないですよね。


しかし、赤ちゃんや子供の場合は、体に湿疹がでる場合もあるのです!


子供が発熱すると、血流が増します


その後、熱が治まってもこの血流の流れはすぐに治まりません。


すると、皮膚に赤みが表れ、皮膚表面に湿疹やかゆみといった症状がでる場合があります。


まれに手足口病と合併発症している場合もありますので、自己判断せずにお医者さんに診てもらうことが先決です。


ヘルパンギーナの湿疹(発疹)と突発性湿疹(発疹)は何が違う?

3

そしてもうひとつ、ヘルパンギーナと間違えやすい湿疹に、突発性湿疹があります。


これも子供がよく発症するので、すでに知っているママも多いですよね。


このヘルパンギーナと突発性発疹の違いはなんなのでしょうか。


突発性湿疹の症状

・40℃近い高熱(2~3日)

・全身の湿疹(発熱後に発症)


ヘルパンギーナの主な症状は、発熱、のどの痛み・炎症・水疱でしたね。


まれに湿疹がでる場合もあるので、湿疹がでてしまうとまったく見分けがつきません。


しかし、ヘルパンギーナの一番辛い症状は「のどの水疱」です!


発熱後、のどに水疱ができているならヘルパンギーナ!

発熱後、体の湿疹のみなら突発性発疹!


ヘルパンギーナと突発性発疹の見分け方は、難しいようで意外と簡単です。


でも手足口病の可能性もあるので、やっぱりお医者さんに観てもらって下さいね!


ヘルパンギーナの湿疹(発疹)はクリームで治る?治療法は?

4

この赤ちゃんのヘルパンギーナの湿疹ですが、どんな治療法があるのでしょうか

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの発疹の治療は?

ヘルパンギーナは主に対処療法となるので、湿疹に対しても同じです。


根本から治す特効薬は未だにないんですね。


基本的に湿疹に対する治療はありません。


お医者さんに相談すれば、かゆみにはかゆみを抑える塗り薬、湿疹には炎症を抑える塗り薬が貰えるかもしれませんので、不安なときは相談してみて下さいね。


突発性湿疹の治し方との違いは?

突発性湿疹も同じように、熱に対する対処療法がメインになります。


ヘルパンギーナも突発性湿疹も対処療法に違いはありません。


湿疹は1週間以内に消えていきますので、特化した治療は行われていないのが現状です。


市販のクリームはOK?

ヘルパンギーナも突発性湿疹にも同じことがいえますが、なるべく自己判断で使用するのは控えた方が良いようです。


心配な時は、やはりお医者さんに相談しましょう。


ヘルパンギーナの治療法は?ミルクや離乳食を嫌がる場合はどうしたらいい?

5

さて、赤ちゃんがヘルパンギーナにかかったとき、どんな風に対処していけば良いでしょうか。


ヘルパンギーナの治療

主に対処療法となるヘルパンギーナは、高熱になった場合には解熱剤、脱水症状になった場合には点滴といった治療が施されます。


解熱剤の鎮痛作用で、のどの痛みを緩和させることもできます。


ミルクや離乳食を嫌がる場合は?

赤ちゃんは1週間程度ならごはんを食べなくても大丈夫ですが、大事なのは水分補給です。


脱水症状になると危険な状態になりますので、水分だけは摂らせてあげましょう。


母乳や哺乳瓶のミルクよりも、ストローの方が飲める赤ちゃんが多いですよ。


離乳食を食べない場合は、プリンなどの飲み込みやすく、冷たいものを食べさせてみて下さい。


【結論!赤ちゃんがヘルパンギーナに感染!湿疹がでることも!】

6

赤ちゃんヘルパンギーナの症状

・発熱
・のどの痛み
・のどの炎症
・のどの水疱
・よだれ
・嘔吐
・不機嫌になる
・発熱による湿疹も!


ヘルパンギーナと間違えやすい病気

・突発性湿疹
・手足口病


湿疹の治療方法

・自己判断の市販薬はNG!
・お医者さんにかかりましょう


赤ちゃんに突然の異変がおこると、色々な病気を疑ってしまいますね。


発熱のあとに湿疹やのどに水疱ができたら、ヘルパンギーナも含め他の病気を疑ってみてください


まず何より大事なのはお医者さんにかかること!


早く良くなるためにも診断してもらって下さいね!

スポンサーリンク