ワインを飲み過ぎた時の対処法!グレープフルーツジュースをたくさん飲もう!その理由と効果!

スポンサーリンク

white-wine-848268_1280

赤ワインは一日適量飲むと、健康に良いと言われていますよね。

そのため、飲み過ぎた時も、言い訳にしている人は多いんじゃないでしょうか?

でも、やはり毎日一本空けるほど飲むのは飲み過ぎですよ。

飲み過ぎた時の対処法をご紹介しましょう。



スポンサーリンク

ワインを飲み過ぎた時の対処法!”グレープフルーツ”が効く!

grapefruit-933169_1280

訊いたことありますか?

ワインの飲み過ぎには、グレープフルーツがいいんです!

なぜかというと、グレープフルーツには体内でアルコールを分解しやすくしてくれる働きがあるからだそうです。

また、すっきりとした味が、吐き気を感じている時にぴったりです。


他にも梅干しは昔から二日酔い対策に良いと言われています。

アルコールで荒れた胃の粘膜を素早く治してくれるそうです。


アルコールを飲み過ぎると脱水症状を引き起こすこともあります。

そんな時は、スポーツドリンクを飲むと、効果的に水分を体内に吸収しやすいので、おすすめですよ。



ワインを飲み過ぎた時の対処法、”吐く”のがいいんじゃないの?

wine-681363_1280

酒を飲み過ぎた際に、気持ち悪くなったりしますよね。

人によっては吐いてすっきりしたら、また飲むなんて人もいますが、この行為はとっても危険なので止めた方がいいでしょう。

なぜかというと、アルコールは摂取後アセトアルデヒドに分解されるのですが、アセトアルデヒドになってしまうと吐いたからといって、体外に出て行くことはありません。

また吐いてばかりいると、食道の粘膜を傷つけてしまい、逆流性食道炎になる恐れもあって大変危険ですよ。

スポンサーリンク


ワインを飲み過ぎると太る?糖尿病患者でもワインならOK?ワインにまつわる噂の検証

a-glass-of-428316_1280

ワインは太るというイメージがあるかもしれません。

しかし、お酒の多くがそうなのですが、ワインのカロリーはエンプティカロリーというものです。

これは糖質や脂質よりも優先して体外に放出されるものなので、カロリーが高いからと避ける必要は全くありません。


さらに糖尿病患者の人が夕食時に一杯の赤ワインを毎日飲んでいたら、2年で症状が改善されたという実験結果もあります。

特に酒に弱い人ほど赤ワインでの改善効果が顕著に表れていたそうです。



飲み過ぎはよくないけど・・・ワインの効能とは?

赤ワインは白ワインよりも健康効果が高いと言われています。

というのも、赤ワインには肝機能や心臓病予防に良いとされるアントシアニンやカテキン、ダイエットに効果があるとされるタンニンなどの何種類にもなるポリフェノールを含んでいるためです。

そんな中でも重要とされるのが、レスベラトロールという成分で、体内の長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子を活性化させることで老化を防ぐ働きがあるんだそうです。


白ワインにはデトックス効果が期待できます。

白ワインはミネラルが豊富に含まれており、その中にはカリウムが含まれているので、体内にたまっているナトリウムの排出を手伝ってくれ、むくみを改善できるでしょう。

さらに新陳代謝を高めてくれるので、老廃物の排出もスムーズになるこでしょう。


【健康】赤ワインと白ワイン。結局のところ健康によいのはどっちなの?




【最後に】

wine-bottle-759750_1280

ワインは飲み過ぎると、せっかくの健康効果を台無しにしてしまうので、毎日の健康維持のために飲む程度に留めておきましょう。

一日一杯がベストだと思うので、食事の時に毎日少量を楽しむのを日課にして、おいしく健康を手に入れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク