スイカを食べ過ぎると糖尿病になるってホント!?2,3切れであれば問題なし!その理由は?

スポンサーリンク

watermelon-846357_1280

暑い夏がやってくると、なぜか無性に食べたくなるのが、スイカですよね。

さっぱりとした甘さと程よい水分がおいしいスイカをキンキンに冷やして食べたくなりますが、食べ過ぎるとどうなるのかちょっと不安になりませんか?

甘みが強いので、糖尿病の方は特に心配になるかもしれませんね。

調べてみたので気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

スイカは食べると糖尿病になるってホント!?1日の適量は?

watermelon-869207_1280

スイカには他の果物に比べても、糖質が多く含まれています。

一日丸1個や半分など食べていると、糖尿病になる可能性は高いでしょうね。

しかし、これはどんなフルーツに関しても言えることです。

フルーツはカロリーも糖質も高めなので、やはり食べ過ぎないことが重要ですよ。


スイカは小さくカットしたものを2,3切れ(200g)食べる分には大丈夫でしょう。

また果糖が含まれているスイカは、血糖値を上げにくいようですよ。

それでもやはり毎日のように食べていてはあまり用心していることにならないと思うので、頻度にも気を付けてくださいね。



糖尿病でもスイカを食べても大丈夫?血糖値は?

watermelon-932782_1280

スイカは100gあたりの糖質量が10gなのですが、GI値を見ると甘味が強そうなバナナが55なのに対して、スイカは60~72と、他の果物に比べても高いことが分かります。

なので、スイカは糖尿病の方にはあまりよい果物とは言えません。


もちろん、スイカに含まれる糖質の半分は果糖であり、血糖値を上げにくい働きがありますが、それでもついつい食べ過ぎてしまうのがスイカですよね。

スポンサーリンク

なので、糖尿病患者の方は、キューブ型になっているものを選んで購入された方が、食べ過ぎることなくて良いと思いますよ。



糖尿病・太る!って誰がいった?スイカの驚くべき健康効果は?

スイカは甘みが強いと上記でも話しましたが、だったら太るのでは?と心配になった方も多いでしょう。

しかし、100gは37カロリーなので、みかん一個とあまり変わらない数値です。

なので、8分の1程度の量を1日に食べるなら問題ないと思いますよ。


さらに、お菓子を食べるよりも、スイカにはリコピンやカリウム、シトルリンが含まれているので、デトックス効果が期待できて、ダイエットに最適なんですよ。


他にも、カリウムは高血圧予防に役立つと有名ですね。

また、スイカは体を冷やしてくれる作用があるので、暑い夏にぴったりな食べ物です。

免疫力を高めてくれるカロテンも含まれていますよ。


【スイカ】意外だった。血管の病気の予防の栄養たっぷりなんだ~




スイカと天ぷらの食べ合わせが悪いって本当?食べるとどうなるの?

tempura-760504_1280

天ぷらとスイカが食べ合わせが悪いって噂は誰だって一度は耳にしたことがあるでしょう。

ある意味、この噂は正しいでしょう。

というのも、水分の多いスイカを食べると、胃酸を薄めることになるのですが、そこに天ぷらなどの油分の多いものが入ると、消化不良を引き起こすことがあります。

胃腸が弱い人は気を付けた方がいいかもしれませんね。



【最後に】

140726567610

スイカは暑い夏には体を冷やしてくれますし、水分量も多いので、うまく日々の食事に取り入れればとても良い食材となるでしょう。

どんな食べ物も一つのものを過度に摂取すると病気になりやすくなるので、きちんとバランスのとれた食事を心がけるようにしましょうね。


スポンサーリンク