タバコを誤飲した赤ちゃん。危険な症状は痙攣!絶対に水を飲ませてはいけません!

スポンサーリンク

1

赤ちゃんがいる家庭での心配事、それは赤ちゃんが「いけないものを口に入れないか」ですよね。


ずっと見守っているつもりでも、家事と育児をしていると、気付いたら何か口に入れてる!なんてこともありますよね。


もし、それがタバコだったとしたら大変です!


今回は、旦那さんや家族がタバコを吸う家庭で、赤ちゃんがタバコを誤飲したときの正しい対処法をご紹介していきます!


スポンサーリンク

赤ちゃんがタバコを誤飲・食べてしまったのを発見したらどうするべき?

2

赤ちゃんのタバコ誤飲事故がおこってしまったとき、真っ先にして欲しいことは状況によって異なります。


誤っても、慌てて水などを飲ませないで下さいね!


タバコを食べてしまった

・口の中に残っているなら、まずタバコを全部取り出して下さい。


・タバコ1本のうち、半分を食べてしまうと危険です。


すぐに病院へ向かいましょう。


タバコが浸された水を飲んだ

・嘔吐しているなら、すべて吐き出させましょう。


無理やり吐かせるのは危険です。


・水は胃からの吸収が早く、中毒になる恐れがあります。


すぐに病院へ向かいましょう。


気がつくと「赤ちゃんの近くにタバコが散乱している」「コップの中にタバコが入っている」など、手の届かないところに保管していたとしても、何かの拍子で手に入れてしまい、遊び道具にするうちに誤飲してしまうケースが数多くあります。


日本では赤ちゃんの誤飲第一位が薬の誤飲事故、そして第二位がタバコの誤飲です。


禁煙化が進む日本でも、まだまだ多くの愛煙家がいます。


もし、旦那さんや家族がタバコを吸うなら、赤ちゃんの成長に合わせたタバコの取り扱い方を話し合うことが大切です。


タバコを誤飲したら絶対に水分をとらせてはいけません!その理由とは?

3

では、タバコの誤飲で水を飲ませてはいけないのは、なぜでしょうか。


赤ちゃんのタバコの危険性を踏まえてご説明します。


タバコの危険性

神経毒の一種ニコチンは、血管収縮作用があります。


血管が細くなるため、全身に血液が行き渡らなくなり、脳や神経の麻痺につながります。


このニコチンは、タバコ一本に10~20mg入っていますが、赤ちゃんのニコチン致死量は10~20mg。


そう、タバコ一本~タバコ半分でも致死量に至るのです。


水を飲ませてはいけない?

タバコを誤飲したら、水を飲ませてはいけません。


体の中に入ると、胃や腸などの消化器官でニコチンを吸収することになります。


それは、タバコの体内吸収を早めてしまう結果になるのです。


しかし一方で、タバコには嘔吐させる作用があります。

スポンサーリンク

赤ちゃんのタバコ誤飲で、多くのニコチンを吸収してしまうケースは稀だそうです。


中には、子供が吐き出してから気付いたというケースもあるようですが、できれば少しの摂取もさせたくないので、タバコ管理に気をつけることが一番ですね。


タバコを誤飲してしまった赤ちゃん、どのような症状になってしまう?手術は必要?

4

少しでもタバコ誤飲の可能性があるなら、必ず病院で診て貰いましょう。


ほぼ吐き出していたり、ニコチンの作用が見られない場合は、何か起きた時にすぐに対処できるよう、病院で数時間安静にすることもあります。


タバコ誤飲の症状

・嘔吐

・下痢

・めまい

・頻脈

・顔面蒼白

・不機嫌


危険な症状

・心拍数の上昇

・痙攣

・昏睡状態

・発汗

・脱力、麻痺


病院での治療

・嘔吐し元気な状態であれば、病院にて数時間安静

・病院により、危険な症状がでる前に胃洗浄を行う


ただし、ほとんどの赤ちゃんが「タバコ一本分を飲み込む」なんて不可能に近い話なんです。


タバコの誤飲事故は多くても、タバコ誤飲による死亡例は世界でもほぼありません。


薬や手術も必要ありませんので、ほとんどの方が病院で安静にした後元気に帰宅し、事なきを得ているのが現状です。


少量でも危険!タバコから赤ちゃんを守るために親がすべきこととは?

5

誤飲は絶対に避けたいタバコですが、赤ちゃんをこの危険から遠ざけるには、どうしたら良いでしょうか。


タバコ誤飲を防ぐ方法

・タバコの置き場所を決める

(絶対に赤ちゃんの手が届かない場所)

・部屋に適当に置いたりしない

・灰皿はこまめに捨てる

・水を浸さない

・禁煙する


ほんの少しの量でも危険な状態となる、赤ちゃんのタバコ誤飲


絶対に避けたいところですが、大人が大丈夫と思っていても、予測しないケースで赤ちゃんの手に届いてしまうこともあるものです。


可愛い我が子を危険な目に合わせないためには、ズバリ!禁煙することが一番です。


自分の健康のためにも、赤ちゃんのためにも、一度禁煙にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか!


【結論!タバコを誤飲した赤ちゃんの正しい処置方法!】

6

赤ちゃんがタバコを誤飲したら?

・水を飲ませるのは危険!

・口についているタバコを取り除く

・嘔吐する場合は、すべて吐き出させる

・すぐに急いで病院へ!


タバコ誤飲の症状

嘔吐、下痢、めまい、頻脈、顔面蒼白、不機嫌


危険な症状

心拍数の上昇、痙攣、昏睡状態、発汗、脱力、麻痺


タバコ誤飲を防ぐ方法は禁煙が一番!


思いも寄らない赤ちゃんの誤飲は、ママもパパも大慌てしまうことがほとんどです。


大切なのは、赤ちゃんにとって何が危険か予備知識をつけておくことですね!


これを機に、家中の危険度チェックをしてみても良いかもしれません。


可愛い赤ちゃんを守るために、夫婦・家族でよく話し合いましょうね!

スポンサーリンク