赤ちゃんに電磁波の影響は?パソコンを抱っこしながら使っても問題ないでしょうか?

スポンサーリンク

1

パソコンを使っていると、目の痛み頭痛に悩まされたことはありませんか?


電子機器は電磁波を発していますが、この電磁波が原因不調に悩まされる方も少なくないのです。


普段から仕事や趣味でパソコンを使っている人は気をつけたいところですが、赤ちゃんを抱っこしながら使うことに問題はあるのでしょうか?


今回は、パソコンの電磁波と赤ちゃんへの影響について、リサーチしていきます!


スポンサーリンク

赤ちゃんに電磁波の影響は?パソコンを抱っこしながら使ってもOK?

2

数年前、パソコンを使って発症する「VDT症候群」が叫ばれましたよね。


パソコンを使っていて目の異常(疲れ・痛みなど)や、肩こり疲労感しびれなどの体調不具合を感じる場合は、電磁波が原因かもしれません。


その他にも、ガンの原因にもなると言われているのです。


こんな環境に赤ちゃんを近付けるのは、不安に思いますよね。


抱っこしてパソコンを使っているなら、少なからず、赤ちゃんも電磁波を受けることとなります。


でも、以下のことを気をつけていれば、電磁波の影響を少なくすることができるんです!


パソコンを使う時

・アースをする

・液晶モニターは、画面から20cm以上離れること

・パソコン本体は、体からできるだけ離すこと


電磁波の安全基準は、1mG(ミリガウス)以下!


特に液晶モニターから20cm離れると、1mG以下になるそうです。


パソコンを使う時は抱っこで近づけるのではなく、そばで寝かせるなど、赤ちゃんをできるだけ遠ざけてあげるようにすれば、まず問題ないでしょう。


そもそも電磁波って何? 電磁波の正体は?なぜ体に悪いと言われているの?

3

この電磁波ですが、名前だけは知っていても、その正体をほとんど知らない方がほとんどではないでしょうか。


電磁波ってなに?

電気を使用する機械(パソコン・携帯電話・電子レンジ・エアコンなど)は、コンセントを入れると電気を通しますよね。


この時に「電場」が発生します。


イメージとしては、繋いだプラグから電子機器までのコンセントの間に「電場」が発生するものです。


電場はどんなものでも帯電し、下へ下へと流れていくのが特徴です。


この電場を作らせないのが「アース」の役割なんですね。


そしてもうひとつが「磁場」


これは、電子機器本体のスイッチを入れないと発生しません。


電子機器本体から発生するイメージです。


磁場はコンクリートを貫くほど強力ですが、一定の距離を離れると衰退していきます。


電磁波とは、この「電場」と「磁場」が発生したときに2つが絡み合い、波状で進む電気の流れのことを指します。


なぜ体に悪いの?

この電磁波が体に入ると、体の中の分子が振動し、熱を発生させることがあります。


この分子で電子の移動がおこることで、生体電気反応が乱されるのです。


この結果、体の不調につながるといった構造になっているんですね。


テレビやスマホ、ホットカーペットなど電子機器から発する赤ちゃんへの影響は?


パソコン以外にも、電子機器は家の中にたくさんありますよね。


よく言われる電子レンジ以外にも、テレビスマホホットカーペットなど、挙げたらキリがありません。


こういった家電にも影響はあるのでしょうか。


テレビ

液晶・プラズマ型のテレビに移行した関係で、電磁波の影響は少なくなっています

スポンサーリンク

1m離れていれば問題ない程度です。


スマホ

電話をするためのスマホですが、実は1.5m以上離して使わなければいけないと書かれています。


電話をする時はイヤホンマイクを使うのがおすすめなんだとか…。


さらに赤ちゃんの皮膚・頭蓋骨は大人よりも薄く、電磁波の影響を受けやすいので、あかちゃんの近くには置かないことがベストです。




ホットカーペット

肌に直接触れるホットカーペットは、電磁波の影響を直に受けやすい環境です。


ホットカーペットは離れて使っても意味がありませんので、電磁波対策のできるホットカーペットを使うようにしましょう。


どうしても気になる方は!売れ筋電磁波カット商品人気ベスト3!

電磁波のことを知ってしまうと、一気に気になりますよね。


今、身の回りにあるものはどのくらいの影響を及ぼしているのでしょうか…。


赤ちゃんに電磁波をあびせたくない、また自分の不調を軽減したいという方におすすめの商品をご紹介します!


≪らくなちゅらるホットカーペット≫

電磁波カットのホットカーペットなら安心して使えます!


ホットカーペットとして購入するのはお高めですが、赤ちゃんや家族の健康のためには、電磁波を受けやすいホットカーペットは要注意です。




価格30,800円



≪携帯用電磁波吸収シート≫

電磁波をカットするのではなく、吸収してくれるスマホ・携帯用のシートです。


頭痛がピタっと止んだという妊婦さんもいるので、赤ちゃんが触ってしまうことがあるなら、貼っておいた方が安心です!




価格2,678円




≪テクノAO≫

電磁波をカット・吸収するのではなく、電磁波を無害化させるという力を持ったパソコン用電磁波対策グッズです。


実際に使ってみると、目のチカチカや手の痺れが軽減したという声もあがっていますよ。


価格14,300円



【結論!赤ちゃんへの電磁波の影響!抱っこしながらのパソコンは避けましょう!】

4

電磁波とは?

体の分子を乱し、不調・病気の原因にもなりうるもの!

未発達な赤ちゃんを電磁波に近づけることは避け、家庭の電磁波対策をしましょう。


パソコンを使う時

・赤ちゃんを抱っこしない

・アースをする

・液晶モニターは、画面から20cm以上離れること

・パソコン本体は、体・赤ちゃんからできるだけ離すこと


その他の電化製品

・電化製品に近寄り過ぎるのはやめましょう

・スマホはできればイヤホンマイクを

・ホットカーペットは直に影響を受けるので注意


電化製品の進化で、生活がどんどん便利になっていきますが、その裏側には弊害も存在しているんですね。


パソコン仕事を1日中していた頃、目が開かない・めまいなどの症状に侵されていたことを思い出しました。


パソコンやスマホを使う時は、休憩を挟みながら使うことも忘れてはいけませんね。


最近は、赤ちゃんの頃からママのスマホで遊ぶ子が増えていますが、直に影響を受けやすい赤ちゃんを電磁波に晒さないよう、注意していきましょう!

スポンサーリンク