りんご病に大人が感染したら関節痛が!痛みの原因は?和らげるには?大人のりんご病学!

スポンサーリンク

1

子供の病気だと思っていたりんご病、実は大人でも発症する可能性があるって、ご存知でしょうか。


夏になるとりんご病のウイルスは活発化し、子供達を通じて大人も感染することが多いのです。


風邪のような症状、微熱、関節痛がするなら要注意!


大人のりんご病についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

りんご病かな!?関節痛がする!大人が感染した時の特徴的な症状とは?

2

大人が発症するりんご病、子供はよくほっぺが赤くなったことで気付きやすいのですが、どうやらこの症状は大人に出にくいのです。


大人のりんご病の症状

・微熱~高熱

・風邪のような症状

・倦怠感

・関節痛

・頭痛

・腰痛

・手足に広がる湿疹

・むくみ


※完治までに1ヶ月~2ヶ月かかる場合も。


どの症状も、風邪他の病気と間違えやすいものばかりですね。


関節痛の中には「痛くて動けない」といった場合もあります。


夏の時期にこのような症状がでたら、りんご病を疑って良いでしょう。


関節痛で日常に支障がでる!痛みの原因と和らげるには?

この「痛くて動けない」状態の関節痛がおこってしまったとき、家事や仕事があると支障をきたしてしまいます。


りんご病でなぜ関節痛がおこるのでしょうか。


りんご病で関節痛がする原因は?

ヒトパルボウイルスB19によって、血行の悪化→関節の圧迫→急性の関節炎となります。


中にはベッドから起き上がれない、階段が辛いなどの歩行困難な状況に陥ることもあります。


症状は、熱が下がったあと、発疹と一緒に関節炎や腰痛がでるケースがほとんどです。


あまりに痛い時に痛みを和らげるには?

関節炎の痛みを和らげるには、アセトアミノフェンなどの薬を処方してもらいましょう。


大人は症状が重くなることが多いので、しっかりと病院で痛み止めを貰うことが必須です。


動くことができる関節炎であれば、ストレッチなどをして、少しでも痛みを和らげるようにしましょう。


簡単なストレッチでも、動かすことで痛みを軽減することができますよ!



大人がりんご病にかかった場合、関節痛の他に「かゆみ」「むくみ」が!対策は?

関節炎以外にも、大人がりんご病にかかると「かゆみ」「むくみ」がでることもあります。

スポンサーリンク

この2つも痛むことと同じように辛いんですよね。


関節炎と併発することもあります。


もし、かゆみ・むくみがでてしまった時の対処法もご紹介します!


かゆみの対処法

・保冷剤などで冷やす

・抗ヒスタミン剤を処方してもらう

・熱いお風呂は避ける


※体を温めると、かゆみが増すので注意!


むくみの対処法

・血行を良くする栄養をとる

 ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、酵素など。

・むくみをとるマッサージをする




りんご病の潜伏期間。感染から発症までどれぐらいかかる?大人から子供へ感染は?

3

りんご病は、大人がかかると悪化することが多いので厄介ですね。


関節炎などで歩けなくなる前に、りんご病の基礎知識を知っておきましょう!


感染経路

飛沫感染…くしゃみや咳など

接触感染…同じタオルの共有など


発症するまでの期間は?

潜伏期間は10日前後、発症までに20日程度かかることも。


大人から大人への感染は?

大人から大人へも感染します。


抵抗力が落ちている時は注意しましょう。


大人から子供への感染は?

大人から子供へも感染します。


主に子供から大人への感染が多くなっています。


【結論!関節痛はりんご病かも?大人のりんご病学!】

4

大人のりんご病の症状 完治まで1ヶ月以上も!

・微熱~高熱
・風邪のような症状
・倦怠感
・関節痛
・頭痛
・腰痛
・手足に広がる湿疹
・むくみ

頬の赤みは出ないことが多いです!


関節痛を和らげるには?

・アセトアミノフェンなどの薬を処方

・動けるようなら、ストレッチで負荷を軽減しましょう!


むくみ、かゆみの対処法は?

むくみ

・保冷剤などで冷やす

・抗ヒスタミン剤を処方してもらう

・熱いお風呂は避ける


かゆみ

・血行を良くする栄養をとる

 ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、酵素など

・むくみをとるマッサージをする


一度かかれば安心ですが、大人になるにつれ、りんご病にかかると大変な思いをするのが現状です。


今、りんご病で痛みと戦っているなら、できるだけ安静にし、効果的なストレッチやマッサージなども、取り入れてみてくださいね!


りんご病の特効薬もいつか開発されると良いですね…!

スポンサーリンク