りんご病予防!妊婦になったら抗体チェックを!妊婦のためのりんご病学!

スポンサーリンク

1

妊婦になると「りんご病」に気をつけなければいけないと、いわれていますよね。


りんご病にかかったことがない人も大勢いますが、りんご病は抗体検査のできる病気です。


りんご病に対して抗体をもっているかどうか、妊婦になったら検査をしておきたいところですね。


でも、夏に流行るりんご病を防ぐ方法ってあるのでしょうか


今回は、りんご病が流行る夏の時期、その予防策と胎児への影響について、ご説明していきます!


スポンサーリンク

妊婦がりんご病にかかる前にしておきたい!「抗体検査」って何?

2

妊婦になったら、まずやっておきたいのがりんご病の抗体検査


一体これは、どんな検査なのでしょうか。


抗体検査とは、どんな検査?

ヒトパルボウイルスB19に対し抗体があるかを調べます。


血液検査でIgG値を調べるとわかります。


IgG陽性…抗体あり

IgG陰性…抗体なし


時間はかかる?

血液検査自体はすぐに終わりますが、検査結果までは数日~1週間ほどかかることも。


金額は?

料金は病院によって異なります。


安いところでは1500円程度~、かかるところでは8000円程度の費用になります。


多くの妊婦さんが抗体検査をやっています。


りんご病はお腹の中にいる赤ちゃんにとって、あまり良くない病気です。


妊娠したら、早めに抗体検査を受けましょうね!


りんご病の危険性!抗体がない妊婦が感染すると胎児への影響は?

3

さてこのりんご病ですが、ママが感染・発病してしまうと、お腹の中の赤ちゃんにとって、どんな影響があるのでしょうか。


妊婦・胎児への影響

ヒトパルボウイルスB19は、赤血球をつくる赤芽球細胞を壊してしまう力をもっています。


ママの赤血球が減少すると、赤ちゃんへ送るはずの血液が足りず、妊娠状態を維持できなくなるのです。


無事に出産できた場合でも、母体から胎児へウイルスが感染し、赤ちゃんの赤血球減少が考えられます。


成長にとって欠かせない赤血球ですから、その後の成長に影響を及ぼす恐れがあり、胎児水腫となる可能性もあるのです。


りんご病感染の実例

ここで少し怖い話をします。


以前りんご病が流行した年、妊婦さんもりんご病に多くかかりました。


そして、りんご病にかかった妊婦さんの約7割が、流産・死産となってしまいました。


この年、2011年は厚生労働省が調査に乗り出したほどの大流行だったんです。


妊婦さんにとって、りんご病は避けたい病気であることを覚えておきましょう。


その一方で、20週を過ぎた妊婦さんは、感染しても胎児水腫にはなりにくいのです。


また、他の風疹などとは異なり、胎児に先天性の疾患がおこることはありません

スポンサーリンク

避けたい病気ではありますが、きちんとした予防策をとっていれば、不安になりすぎることはないようです。


りんご病に感染しないために!妊婦のためのりんご病予防策!

4

では、りんご病を未然に防ぐためには、どんな予防策がとれるでしょうか。


特に気をつけたいのが、上の子(兄姉)がいる場合です。


りんご病は、主に5歳~9歳までに多く、幼稚園・保育園や小学校で流行します。


中には0歳~4歳の乳幼児が感染するケースもあるんです!


夏の時期も様々なウイルスが飛び交いますので、上の子がいる場合、また初夏に入る頃より家族一致団結して、予防対策をとりましょう!


りんご病の予防策

・マスクの着用

・うがい、手洗いの徹底

・タオルを共用しない

・栄養を十分にとる


りんご病は、飛沫感染接触感染でうつります。


外から帰ったら、うがい・石鹸での手洗いを徹底し、マスクを極力つけておくようにしましょう。


健康的で栄養がたっぷりなごはんを食べておくこともおすすめですよ!


もし感染してしまったらどうする? 安心してくださいね!妊婦のためのりんご病ケア

5

万全な対策をとっていても、このような目に見えないウイルスは、どこからか体に侵入することもあります。


もし、妊婦さんが感染してしまった時は、どう治療していくのでしょうか。


りんご病かも?と思ったら…

大人は頬が赤くならないケースが多く、微熱や風邪のような症状だけの場合もあります。


体調が優れない時は、すぐにかかりつけ医に相談し、りんご病の抗体有無を伝えましょう。


りんご病の症状

・咳、鼻水、鼻づまり

・微熱

・頭痛

・関節痛

・体に紅斑ができる


りんご病の治療

特化した薬がないため、でている症状に対して治療を行っていきます。


りんご病は、数日で自然に回復していくことがほとんどです。


早く完治するには?

対処療法のため、早く完治する方法はありません。


できるだけ栄養をとり、病気に負けない体力をつけておくことも大切です。


【結論!妊婦のためのりんご病学!妊婦になったら抗体チェックを!】

6

りんご病の抗体検査とは?

・血液検査により、ヒトパルボウイルスB19への抗体があるかを検査します。

・検査結果までは数日~1週間

・病院により、1500円~8000円程度


妊婦・胎児への影響

・赤血球の破壊

・胎児水腫の危険性


りんご病の予防策

・マスクの着用

・うがい、手洗いの徹底

・タオルを共用しない

・栄養を十分にとる


子供の頃は、りんご病にかからなくてラッキー!なんて思っていても、大人になり、妊婦さんになると「子供の頃かかっていれば…」と思ってしまいますね…。


1度かかると免疫がつくので、強いウイルスではないのが特徴です。


できれば、りんご病について知ったこの機会に、抗体検査を受けてみてはいかがでしょうか?


安心して出産できるよう、流行る時期のマスクは忘れないようにしましょうね!

スポンサーリンク