りんご病かも!?赤ちゃん(4ヶ月)でもりんご病に感染するの?症状と治療法は?

スポンサーリンク

1

可愛い赤ちゃんのほっぺ、普段から薄く赤くなっている子も多いですよね。


でも、突然ほっぺが赤くなったとすると、もしかするとりんご病の可能性があるかも?


いつもと違う赤さがあるなら、一度確認して欲しいのがりんご病なんです。


よく聞く病気の名前ですが、その実態はどんなものなのでしょうか。


今回は、4ヶ月の赤ちゃんでも感染するりんご病、その症状や対処法についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんのほっぺが赤すぎ!熱もある!これってりんご病?

2

4ヶ月の赤ちゃんのほっぺが熱い、しかも発熱もしているとなると、一番先に疑って良いのがりんご病です。


まずどんな症状がでるのかご紹介します。


感染経路

・飛沫感染

・母子感染


りんご病の症状

・両頬の赤み、盛り上がり

・微熱(37℃程度)

・腕、足、胸、背中にも赤い発疹が広がる

・発疹のかゆみ


このような症状があったら、すぐにお医者さんにかかりましょう。


中には風邪のような症状頬の赤み・平熱の状態から症状が始まる場合もあります。


少し盛り上がったような頬の赤みがあり、いつもと違う様子なら、様子見はしないで、すぐお医者さんへ行って下さいね!


りんご病の正式名称は「伝染性紅班」といいます。


ヒトパルボウイルスB19」というウイルス感染でりんご病を発症します。


潜伏期間は10日前後発症は10日から20日と長い期間、姿を現さないので、感染後すぐはわかりません


発症する1週間ほど前、風邪のような症状が出る頃に、一番ウイルスが活性化しています。


そのため、ほっぺが赤くなり症状が出始めた頃には、ウイルス自体の感染力は弱まっているのだそうです。


1年中可能性はありますが、りんご病が増えるのは7月頃。


もし風邪のような症状があったら、りんご病の可能性も考えておくと良いですね。


生後4ヶ月でもりんご病に感染するの? もう少し成長してからじゃないの?

3

でも、4ヶ月の赤ちゃんがりんご病に感染することってあるのでしょうか。


もう少し大きくなった子供達がりんご病を患うイメージがありますよね。


りんご病のピークを調べてみました。


りんご病のピーク

1.5歳~9歳

2.0歳~4歳


一番多いのは、やはり5歳~9歳。


小学生低学年の頃が最も多いといわれます。


ですが、次いで多いのは0歳~4歳なんですね。


調べてみると、やっぱり0歳児の頃からりんご病に感染している子供が沢山います。


0歳~10歳を迎えるまでは、りんご病にかかりやすい時期と思っておくと良いですね。


生後4ヶ月ぐらいの赤ちゃんがりんご病に感染したら、どうやって治す?

4

まだ産まれて間もない、4ヶ月の赤ちゃん

スポンサーリンク

産まれてすぐりんご病と戦うなんて、可哀想だし早く治してあげたいですね。


感染した場合は、どうやって治していくと良いでしょうか


実は、りんご病に対してワクチンや特効薬はありません。


出た症状に対応していく「対症療法」のみになります。


ほっぺが赤くなった時点でウイルスは弱まっています。


それ以外の症状がなければ、「自宅で安静にすること」これが一番の方法です。


病院からはかゆみ止めしか出なかった、という話もよくありますので、家庭ではなるべく悪化させないようにしてあげましょう。


りんご病で気をつけたいこと

・お風呂は湯船につかり過ぎない

 (暖めすぎは悪化の原因です)

・直射日光に当てない

・お出かけは日の出ていない時間帯を選ぶ

・頬に唾液がついたらすぐに拭き取る


頬に赤みが出たら、あとは1週間~2週間で自然治癒するりんご病ですが、特にかゆみがひどくなると辛くなります。


暖めすぎないように注意して下さいね。


赤ちゃんのりんご病、ママやパパにも感染る?家族が気をつけるポイントは?

5

ところで、「りんご病は大人の方が辛くなる」と聞いたことはありませんか?


子供だけの病気と侮ってはいけません。


実は、子供から大人に感染することもあるのです。


ただし、りんご病特有の頬の赤みは、すでにウイルスが弱まってきた頃の証。


ということは、ウイルスが活発化している「風邪のひきはじめ」症状の頃が一番危険なんです。


でも、それだけでりんご病と分かる方はいないかと思います。


『子供が風邪をひきそうになったら、予防対策をすること』


コレ以外に方法はありません!


家族全員で、予防対策を徹底しましょう。


予防対策

・マスクの着用

・うがい、手洗いの徹底

・タオルを共用しない


特に、上の子がいるなら赤ちゃんからの感染を防ぎたいところです。


まだ体の免疫の弱い子供の方がうつりやすいので、気をつけてあげましょう。


家の中でもマスクをすること、赤ちゃんに触れたら石鹸で手洗いをするなど、病気が治るまでのお約束事をしておくと良いでしょう。


【結論!4ヶ月の赤ちゃんでもりんご病に感染!症状と治療法!】

6

りんご病の症状

・両頬の赤み、盛り上がり

・微熱(37℃程度)

・腕、足、胸、背中にも赤い発疹が広がる

・発疹のかゆみ


りんご病は対処療法のみ。

 ほっぺが赤いのは、ウイルスが弱まってきている証なので、ご安心を!


りんご病で気をつけたいこと

・お風呂は湯船につかり過ぎない

 (暖めすぎは悪化の原因です)

・直射日光に当てない

・お出かけは日の出ていない時間帯を選ぶ

・頬に唾液がついたらすぐに拭き取る


赤ちゃんでもりんご病を発症することって、多いんですね。


でも、しっかりと対処してあげれば、そこまで辛くなることも少ないのが特徴です。


ほっぺがかゆそうにしていたら、水で塗らしたタオルを少しの間、頬にのせてあげるだけでも、かゆみが和らぐこともあります。


体温で温まってしまう前に外して下さいね。


少しの間ですが、日が出ている間の日中のおでかけは、控えるようにしましょうね。


早く良くなると良いですね!

スポンサーリンク