妊婦だけど手足口病と診断された!大丈夫ですよ!!胎児への影響はありませんのでご安心を!

スポンサーリンク

1

暑さが本格的になる7月


この頃になると増える病気があるのはご存知でしょうか。


それは、「手足口病」。


家族や友達などが手足口病にかかった場合、また妊婦さん本人が手足口病にかかってしまった場合は、どうなるのでしょうか。


胎児に影響があるのかが一番気になるところです。


今回は、7月に増える手足口病、その影響や治療法についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

妊婦・臨月で手足口病と診断されたけど胎児への影響は大丈夫?

2

妊娠中、臨月になっているのに、手足口病にかかってしまった!


突然のことに慌ててしまいますね。


でも、安心して下さい


手足口病は感染力の高いウイルスですが、手足口病にかかったことで、胎児に何らかの影響があった、ということは今までにないのです。


胎児への影響はほとんどありませんので、ご安心を!


でも、妊娠中にはなるべく病気にかかりたくないものです。


ただでさえ免疫力が低下しているこの頃、病気にかからないためには最善の注意が必要です。


では、手足口病とはどんな病気なのか、みていきましょう!


妊婦で手足口病と診断された場合の治療法は?お風呂はOK?


手足口病とは?

ウイルスによる疾患です。


接触感染飛沫感染経口感染によって感染します。


・コクサッキーウイルス

・エンテロウイルスなど


症状

・喉の痛み

・食欲減退

・発熱

・手、足、口に米粒ほどのかゆみを伴う水ぶくれ

 (かゆみは痛みに変わり、1週間程度で自然治癒)


※この水ぶくれを潰すと二次感染するため注意

※体内からウイルスが完全排出されるまでは2週間~1ヶ月


この手足口病は、直接的な治療薬がありません


熱が高ければ解熱剤や、ひどいかゆみには、それに合わせた薬を処方して貰えます。


妊婦さんであることを必ず告げて下さいね!


でも朗報です!


もし、口にできた水ぶくれが痛み、食事が喉を通らない場合には、抗菌力がある「マヌカハニー」がおすすめとのこと!



看護士さんがおすすめしている「マヌカハニー」、試してみる価値がありそうです!


お風呂は大丈夫?

もし、手足口病にかかった場合、子供など家族と一緒に入ることはやめましょう。


お風呂は接触感染の媒体となってしまうのです。


できればシャワーなどで済ませ、一緒の浴槽にはつからない方が良いでしょう。


さらに水泡が潰れないように配慮することが必要です。


子供や夫が手足口病に感染した!うつらないためにすることは?

3

もし家族が手足口病に感染してしまった場合、絶対にうつらないよう配慮したいですね…!

スポンサーリンク

隔離までは必要ありませんが、うつらないために予防策をとっておきましょう!


予防策

・こまめに石鹸を使って手洗い。


・帰宅時、食事前のうがいと手洗い。


・タオルは別々。


・マスクをつける。


・くしゃみ、咳をする時はティッシュで抑える。


子供とお風呂は大丈夫?

手足口病は接触感染でうつることがほとんどです。


子供が手足口病にかかった場合、一緒にお風呂に入ることは避けましょう。


手足口病の他に林檎病にも気をつけたい!夏に流行する病気と予防策は?

4

手足口病意外にも、夏に流行る病気はたくさんあります。


主に気をつけたい、夏の病気についてご紹介します!


妊婦さんは、より一層気をつけていきましょう!


ヘルパンギーナ

症状:38℃~40℃の高熱

   口内炎や水疱ができる

   喉や口蓋垂の炎症


感染経路:飛沫感染、接触感染


予防策:うがい、手洗いの徹底

    妊婦さんはマスクを。


胎児への影響:出産直前は胎児感染の可能性があるため、要注意!


プール熱(咽頭結膜炎)

症状:39℃~40℃の高熱

   喉の痛み

   口の中に赤みがでる

   目の痛み、かゆみ、涙が出る


感染経路:飛沫感染、手指からの接触感染


予防策:タオルを共用しない

    うがい、手洗いの徹底

    子供がいる家庭は、プールではシャワーを浴び、目をよく洗う


胎児への影響:特に影響なし


林檎病(伝染性紅班)

症状:両頬が赤くなる

   全身にのこぎり歯状の紅斑

   大人の場合は関節炎も


感染経路:飛沫感染


予防策:うがい、手洗いの徹底

    マスクの着用

    病院での抗体検査も効果的


胎児への影響:母体を通し胎児感染がおきる場合も

       流産などの可能性も含むので要注意!


【結論!妊婦だけど手足口病と診断された!大丈夫です!胎児への影響はありません!】

5

手足口病は胎児に影響なし!

 但し、妊娠中は免疫力が落ちているので気をつけましょう。


手足口病とは?

症状

・喉の痛み

・食欲減退

・発熱

・手、足、口に米粒ほどのかゆみを伴う水ぶくれ


口にできた水ぶくれには、抗菌力のある「マヌカハニー」がおすすめ!


予防策は?

・こまめに石鹸を使って手洗い。

・帰宅時、食事前のうがいと手洗い。

・タオルは別々。

・マスクをつける。

・くしゃみ、咳をする時はティッシュで抑える


※感染したら、お風呂は一緒に入らないこと!


夏に流行する病気とは?

・ヘルパンギーナ

・プール熱

・林檎病


※どれも、うがい・手洗い・マスクで予防できます!

※子供のプール熱には要注意!


手足口病は胎児に影響なしとわかれば、大丈夫ですね。


暑い夏の時期、ただでさえ体調にも気をつけたい妊婦さんですが、このような疾患を防ぐことも大事です。


日常のうがい・手洗い・マスク着用を心がけるようにしましょう。


なんだか体が変だなと感じたら、早めにお医者さんにかかりましょうね!

スポンサーリンク