アブに刺されたら薬はキンカンでOK!アブ刺されの応急処置解説!

スポンサーリンク

1

突然アブに刺された!となれば大変です!


すぐに応急処置をし、薬を塗って症状が悪化するのをくい止めなければなりません。


今、アブに刺されて困っている場合は、すぐにこの内容を実践してください。


アブに刺されたら、応急処置として使える薬と、その後の症状についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

結論!アブに刺されたらキンカンなどの市販薬でOK!

25FotorCreated

アブに刺されたら、応急処置として使えるのは、抗ヒスタミン軟膏です。


この市販薬を使って下さい。


アブに効く市販薬

・ムヒ

・ウナコーワ

・キンカン


応急処置

1.患部を水で洗い流す

  傷口から血を出すように、つまんで洗い流して下さい。


2.止血する

  氷など冷たいものを当て、しっかりと止血しましょう。


3.薬を塗る

  止血を確認できたら、ムヒなどの薬を塗って、炎症・化膿をくい止めます。


ここまでしておけば、一旦は安心して大丈夫でしょう。


一週間ほどかゆみが続く可能性があります。


かゆみがあっても、決して掻きむしらないように注意してくださいね!


当日のお風呂は、体を温めることでかゆみが増強する場合があります。


できれば、シャワーなどで済ませた方が正解です。


アブに刺されて、薬を塗らず(適切な処置をせず)にほっておいたらどうなる?

3

もし、アブに刺されたら、放っておくとどうなってしまうのでしょうか。


蚊は皮膚に針を刺して血を吸いますが、アブはそうではありません。


皮膚を食いちぎって、出てきた血を吸う」のです。


コレだけを聞くと恐ろしいですよね。


そのため、アブに刺されたところを放っておくと、「食いちぎられた皮膚がむき出し」の状態です。


むき出しの皮膚は、表皮などの表面皮膚に守られていないため、細菌などに感染しやすくなってしまいます。


他にも、アレルギー症状が発症してしまうと、発熱やひどい腫れとなることがあります。


特に子供は、処置をしても引っかいてしまい、トビヒにかかる可能性もあります。


アブに刺され、ほっておくと…

・細菌感染

・アレルギー発症

・子供の場合、トビヒにかかる可能性も


症状が重症化する恐れがありますので、放っておくのは危険です。


しっかりと処置を行いましょう


アブに刺された!このような症状がでたら病院へ!何科にいく?

4

もし、アレルギー症状である「発熱」や「ひどい腫れ」、「傷口の悪化」や「かゆみが治まらない」といった症状がある場合、すぐさま病院を受診し薬を貰いましょう。

スポンサーリンク

病院の受診

・発熱

・ひどい腫れ

・傷口の悪化

・かゆみが治まらない


他にも、刺されたのが子供だった場合には、病院で見て貰ったほうが安心ですね。


受診する科

皮膚科


処方される薬

通常時…抗ヒスタミン剤のステロイド軟膏

症状重篤時…抗ヒスタミン剤・ステロイド剤の内服

細菌感染時…抗生物質の内服


治療期間

1週間~2週間程度


アブに刺されやすいのは子供? アブの特性や生息地、刺されないためには?


アブに刺されないようにするためには、どうしたら良いでしょうか。


まずは、アブの生態や、どんな生き物かを知っておくことが大切です。


アブの生態

アブは、主に自然が多くある地域に生息しています。


田舎の川や田んぼ、温泉地などでも発生することが多いのです。


アブは血を吸うために近寄ってきます。


基本的にはウシやブタ・ウマなどの動物に近寄るのですが、人間にも近寄ってくるのが厄介です。


よく外で遊ぶ子供や、登山をする大人が刺されています。


ですが、大人や子供で刺されやすいタイプはないようなので、アブがいそうな場所では、刺されないように対策することが必要です。


アブの基本情報

体長:2cm~3cm

出現期間:7月頃~9月

出現時間:早朝、夕方


こんな風に大量発生することも…。

刺されたら大変です。



刺されないための防止策

・外では、長袖・長ズボン・帽子・手袋などを着用する

・虫除けスプレーを塗布する


キンカンの虫除けスプレーなら、アブに効果的なので、おすすめです!




【結論!アブに刺されたら薬はキンカンでOK!アブ刺されの応急処置解説!】

5

アブに効く市販薬

・ムヒ

・ウナコーワ

・キンカン


応急処置

1.患部を水でつまみ洗いする

2.氷など冷たいもので止血する

3.ムヒ・ウナコーワ・キンカンなどの市販薬を塗る


応急処置をして、細菌感染、アレルギー発症などを防ぎましょう。


皮膚科の受診の目安

・発熱

・ひどい腫れ

・傷口の悪化

・かゆみが治まらない

・子供


アブに刺されたら、長引くかゆみの症状が一番厄介ですよね。


早めに処置をすることで、できるだけ長引かせないようにしていきましょう!


子供が刺された場合は、知らない間に掻いてしまわないよう、風通しの良いガーゼなどで保護してあげることも大切です!


症状がひどくなくても、気になるようなら病院で診て貰って下さいね。

スポンサーリンク