赤ちゃんの暑さ対策は布団を工夫!夏の赤ちゃん快適睡眠環境の作り方!

スポンサーリンク

1

子供が産まれてから初めて迎える夏


赤ちゃんが寝やすい環境を作ってあげることが大切ですよね。


常にあったかくしてあげたいけれど、布団をかけすぎるのも暑いし、クーラーをずっとかけているのも体に悪そうです。


赤ちゃんにとって、どんな環境にしてあげることが良いのでしょうか。


そこで今回は、赤ちゃんの暑さ対策!


熱帯夜とお昼寝では、どんな環境・布団を用意してあげるのがベストかをご紹介していきます!


スポンサーリンク

赤ちゃんの睡眠時の暑さ対策!【熱帯夜篇】:布団周りについて

2

夏の蒸し暑い夜、いわゆる熱帯夜は一番悩むところですね。


体温調節が未熟な赤ちゃんは、暑すぎても苦しく、涼しくしすぎると、体温調節機能が発達しにくくなります。


赤ちゃんの夏、適切な温度は26℃~28℃といわれていますので、この位の気温であれば、心地よく眠れる環境になるのです。


夕方から網戸にし、部屋を暗くしておくと、心地の良い気温のお部屋になりますよ♪


そして、布団を調整して寝やすくしてあげましょう!


冷やしたくないからと沢山布団をかけると、赤ちゃんも苦しくなってしまいます。


薄すぎると心配になりますが、夏場の布団はタオルケットでOK!


大きめのバスタオルでも良いでしょう。


さらにワンポイント!


赤ちゃんの布団、そのまま敷いていませんか?


夏場は、布団の風通しを良くしてあげることも大切です。


布団の下に、ゴザを敷いてあげてみてください。


これだけで布団の風通しが良くなり、快適に♪


大人も試してみると、いかに快適かわかりますよ♪


赤ちゃんが寝る部屋は、夕方から網戸にして暗くする

 部屋の温度が下がり、寝やすくなります。


布団は大きめのバスタオルでもOK!

 大きめバスタオル・タオルケットをかけ、袖アリの洋服を着せましょう


赤ちゃんの布団の下に寝ござを敷く

 通気性が良くなる寝ござは、赤ちゃんの暑さ対策にバッチリ!


赤ちゃんの睡眠時の暑さ対策!【熱帯夜篇】:クーラー・扇風機は?

3

赤ちゃんの暑さ対策、手っ取り早くクーラーをかけっぱなしにしても良いのでしょうか


適温が26℃~28℃と分かっていても、なかなか気温を調節するって難しいですよね。


でも、体温調節機能をしっかりと発達させるためには、ずっと快適すぎる環境に置いておくのは良くないのでは…とも思います。


そこで、おすすめなのはクーラーを高めの温度設定でかけること。


28℃設定で、風が当たらないようにしておきましょう。


クーラーのかけっぱなしは気になる、という方は扇風機を使うのがおすすめです。


暑い空気は上へ、冷たい空気は下へ下がるため、天井付近に集まった空気を循環させてあげるだけでも、部屋の温度調整になります。


窓を開け、扇風機を天井に向けてまわしておけば、自然の風のように寝心地の良い空間ができますよ♪


それでも暑い熱帯夜、寝苦しくて眠れない夜の暑さ対策はどうしたら良いでしょうか。


おすすめはベビー用水枕とベビー用アイスノン!


アイスノンは、首用・ワキ用など部位別で販売されています。


暑さ対策として使用する場合は、タオルなどで巻いて、冷たさを緩和してあげるようにしましょう。


クーラー設定は28℃!

 風が当たらないよう注意して下さい。


窓全開×扇風機もおすすめ!

 扇風機は天井へ向け、空気を循環させましょう。


寝苦しい夜には、水枕・アイスノン!

スポンサーリンク

 但し、タオルを巻いて冷たくなりすぎないように、注意して下さい。


赤ちゃんの睡眠時の暑さ対策!【お昼寝篇】:布団周り・ベビーカー

4

近年は家の中にいても熱中症になるという位なので、猛暑の中でのお昼寝は心配ですね。


もしお部屋の中にいるなら、日陰の場所を選びましょう。


夜と同じように、布団の下に寝ござを敷き、布団はかけず、お腹を冷やさないようにタオルなどをかけてあげましょう。


そして、お昼寝の前後で水分補給をしてあげることもオススメです!


お昼寝でびっしょり汗をかき、体の水分がどんどん失われてしまうので、注意してみて下さいね。


では、ベビーカーでいる時はどうしたら良いでしょうか


同じように日陰の涼しい場所を選び、お昼寝前後に水分補給をしてあげましょう。


さらに、保冷効果のあるベビーカーシートがおすすめです!


ただでさえ汗を沢山かく赤ちゃんは、夏場の暑い中のお出かけをすると、汗でぐっしょりになってしまいます。


ひんやり気持ち良いベビーカーシートなら、気持ちよく眠ることができそうですね。


また、お腹は冷やさないように、夏用のブランケットなどでカバーしてあげてくださいね。


おうちのお昼寝は、夜と同じでOK!

 日陰で寝ござを敷いた布団の上で寝かせましょう。


お昼寝前後の水分補給は忘れずに!


ベビーカーでお昼寝するなら、ベビーカーシート・夏用ブランケット!

 暑すぎる外でのお昼寝も快適にしてあげましょう。


赤ちゃんの睡眠時の暑さ対策!【お昼寝篇】:クーラー・扇風機は?

5

お昼寝をおうちでするなら、お部屋の環境も気になりますね。


日中の暑さ対策は、どのようにしたら良いでしょうか。


お部屋も夜と同じように、クーラーを高めの温度設定でかけてあげましょう。


28℃設定または除湿を選んでください。


風が当たらないようにしておけば、快適にお昼寝できます。


日中の暑さは、部屋の温度もぐんっと上がっていますので、扇風機よりもクーラーがおすすめです。


それでもクーラーのつけっぱなしが気になる場合は、風通しを良く窓を開け、扇風機で空気を循環させましょう。


昔のクーラーが普及していない時代も、赤ちゃんはお昼寝をしていたわけなので、それほど心配しなくても大丈夫です。


ただ家の造りがしっかりとしたものに変わり、保温性は高くなっていますので、風通しは必ず良くしてあげましょう。


お昼寝もクーラーは28℃・または除湿!


扇風機をかける場合は、風通しが重要!


【結論!赤ちゃんの暑さ対策は布団を工夫!夏の赤ちゃん快適睡眠環境の作り方】

6

【熱帯夜篇】


布団周り

 赤ちゃんが寝る部屋は、夕方から網戸にして暗くする

 布団は大きめのバスタオルもOK

 赤ちゃんの布団の下に寝ござを敷く


クーラー・扇風機

 クーラー設定は28℃

 窓全開×上向き扇風機で空気を循環させる

 寝苦しい夜には、水枕・アイスノンを使う


【お昼寝篇】


布団周り

 日陰で寝ござを敷いた布団でOK

 お昼寝前後の水分補給は忘れずに

 ベビーカーでお昼寝するなら、ベビーカーシート・夏用ブランケットを使う


クーラー・扇風機

 お昼寝もクーラーは28℃、または除湿

 扇風機をかける場合は、風通しを良くする


はじめての赤ちゃんと迎える夏、できれば良い環境で過ごさせてあげたいですね。


不安なこともいっぱいな新米ママでも、これだけの暑さ対策をしておけばバッチリです!


クーラー・扇風機・布団の選び方を知っておけば、快適な夏を過ごすことができそうですね。


すくすくと健康に育ってくれるように頑張りましょう♪

スポンサーリンク