薬剤師と登録販売者の違いは?待遇の違いは?え!?登録販売者なら学歴不問って本当?

スポンサーリンク

apothecary-437743_1280

ドラッグストアは最近とっても多いですよね。


利用する側としても便利なので、用がなくてもふらっと足が向いてしまいます。


そんなドラッグストアで働きたいと思っている方は、薬剤師と登録販売者という言葉を、求人でたくさん見つけることでしょう。


この二つの違いってどんなものか、調べてみましたよ。


資格取得を目指している方も、ぜひチェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク

薬剤師と登録販売者の違いとは? 資格取得までの道のりと難易度は?

OZ85_karutemotuisya20140321160021

薬剤師は、国家資格です。


資格を取得するには、大学の薬学部(6年生)を卒業する必要があります。


薬剤師なら、一般医薬品を販売することができ、病院薬局や保険薬局でも勤務可能です。


さらに、卸売販売業の営業所管理者になれるのも、薬剤師のみです。


一方で登録販売者は、以前は高卒以上で実務経験が1年以上必要だったのですが、平成27年度より学歴も年齢も不問となりました。


実務経験も不問となったので、どんな人にもチャンスができました。


勤務地は、ドラッグストアやコンビニ、場合によっては保険薬局でも勤務できますが、病院薬局では勤務不可です。


取り扱える薬にも制限があり、第2類医薬品と第3類医薬品のみです。


医療用医薬品や第1類医薬品は販売することが出来ません。



薬剤師と登録販売者 就職先はどこになる? 給与の違いは?

上記でも触れましたが、薬剤師なら病院薬局や保険薬局に加え、ドラッグストアやコンビニでも働くことが出来ます。


しかし、登録販売者は基本的に、ドラッグストアやコンビニのみです。


給与の違いを見ると、ドラッグストアでいっしょ勤務した場合、最大で10万円ほど薬剤師の方が高いケースがあるよう。

スポンサーリンク

しかしドラッグストアでの求人は、人件費が安く抑えられる登録販売者の方が圧倒的に多いです。


なので、薬剤師なら病院薬局で働く方が良いでしょう。


人気のドラッグストア密着取材‼︎ドキュメンタリー徹底分析‼




登録販売者資格保持者に聞く!資格取得は独学?専門学校?どうやって?

CSSS85_kangaerujyosei20131019

資格取得までの道のりは様々ですが、通学、通信、独学の3つが主です。


独学でもしっかりとポイント抑えて挑めば大丈夫だと思います。


テキストや問題集などで、合計しても1万円ほどだと思います。


基本的には半年から1年くらいの勉強期間を経て、受験する人が多く、薬に関する専門的な内容となるので、スクールできちんと勉強するのもありだと思います。


大手の通信教育では、8か月のカリキュラムが組まれており、費用は5万円弱でした。





登録販売者資格保持者に聞く! 仕事のやりがいと不満と不安について

OOK85_naisyodayo

・ドラッグストアの商品の多さに苦労した話が載っています。



・ドラッグストアでバイトしながら、資格を取得した人の体験談がつづられています。



・登録販売者のメリットやデメリットが分かりやすく書かれているので、参考になると思います。




【最後に】

medications-257344_1280

登録販売者の需要は増える一方です。


年々受験資格を下げたり、難易度を下げたりと取得しやすい資格になってきています。


しかし、筆記試験合格後は登録を行い、実務経験を2年間行わなければ正式な資格取得にならないので気を付けてください。


これから、ドラッグストアで働きたいと思う方は、ぜひ登録販売者の資格取得を視野に入れて、最低でも2年は継続して働くことを目標にしてみてください。

スポンサーリンク