おねしょする大人が急増中!原因は?”夜尿症”とは?対策は?

スポンサーリンク

N912_atamawokakimushiru

おねしょなんて、小さい頃にするものだと思っていたのに、大人になってやってしまったらかなりショックですよね?


大人になってからのおねしょは、自律神経失調症により引き起こしてしまう場合があります。


その治し方についても解説します。



スポンサーリンク

おねしょする大人が急増中。それ“夜尿症”かも…

PAK93_heyadehitoribocchi20140322

おねしょと夜尿症の違いは、ずばり年齢です。


6~7歳(小学一年生)になってもおねしょが頻繁にある場合は、夜尿症と診断されます。


その場合は、生活習慣の指導や薬による治療が行われます。


夜尿症には、幼いころからずっと続くおねしょの一次性夜尿症と、一度完治したのに半年や数年後に再発する二次性夜尿症があります。


大人の夜尿症の80~90%は、一次性夜尿症です。


患者数は男性の方が多いとされていますが、これは女性が恥ずかしくて病院にかかっていない場合があるらしいので、正確なデーターは分かりません。


全体数も家庭で隠されるているケースが多く、はっきりとは分からない状態です。



大人のおねしょ、治療法は?泌尿科でいいの?

NKJ56_okusurij

大人の夜尿症を治療するためには、泌尿器科を受診しましょう。


一般的な治療法には、薬物投与があり、尿量を減少させる抗利尿ホルモン薬や膀胱機能を落ち着かせる働きのある抗コリン剤などが処方されます。


他にも、下着にセンサーを取り付け、尿を感知するとアラームがなるアラーム療法もあります。


また女性の場合は、出産後に過度なストレスやホルモンバラスの崩れから夜尿症に悩まされる人も多いです。

スポンサーリンク

この場合は、産婦人科で時間をかけて治療していくことになります。



もしかして自立神経失調症?おねしょとの関係は?

二次夜尿症の患者の中には、自立神経失調症から来ている場合が多いようです。


ストレスがたまりすぎると、自律神経が乱れて失調状態に陥ります。


そうなると就寝中に分泌されるはずの抗利尿ホルモンの分泌が抑制されてしまって、おねしょをしてしまうケースがあります。


そう言う患者さんの場合は、なるだけストレスをためないようにして、家族も支えてあげるようにしましょう。




自律神経失調症の原因と治療法について 高松市の整体「いわき整骨院/自律神経専門整体K-style」




安心して!きっと治る!大人のおねしょを完治させた人の声

GAK_tanbokaramiji

下記のサイトにある体験談を読むと、小学生低学年までおねしょをしていた人が社会人になってストレスで再発したケースや、お酒を飲んでひどく酔っ払ってしまい、おねしょをしたケースなどが多いようです。


病院にかかり投薬と生活習慣の改善で完治した人や、友人や恋人に悩みを相談してストレスが和らいだのか、それ以降しなくなったケースもありました。





【最後に】

lavender-1117275_1280

ストレス社会と言われる現代では、大人になっておねしょをしてしまう人は、結構多いようです。


何度か起こったら、恥ずかしがらずに病院に行ってみる方がいいでしょう。


投薬治療をすることで、悩まずに早く解決できると思いますよ。


スポンサーリンク