単身赴任手当はズバリ課税対象です!いくらぐらい収めるの?手当金額別の課税目安

スポンサーリンク

money-1015292_1280

単身赴任となると、つまりは家計が二重生活になるわけですよね。


そうなると気になるのは、課税がどこまでかかるのか、どのくらいの負担となるのかですよね。


手当に対する課税に関して詳しく書いてみました。


ぜひ事前にチェックしておいてください。



スポンサーリンク

そもそも「単身赴任手当」とは何か?何のために支払われるのか?

 
money-case-163495_1280

単身赴任手当とは、企業が同居していた家族と別居状態となった単身赴任の社員に対して支払う手当のことです。


家庭と社員の生活の2つの拠点ができて、生活費に負担をかけてしまうことを考慮して、給与の補助的な意味合いとして支払われます。


毎月一定額を払う場合や、一時帰宅のための旅費として支払う場合もあります。



単身赴任手当ては「課税対象」です!じゃあいくら引かれる?

money-256290_1280

単身赴任手当として、いくら貰えれば困らず生活できるのでしょうか。


転勤先の地域の物価にもよりますし一概にはいえませんが、赴任先での居住費は会社が補助しますから、生活費がまかなえる金額であれば良しとしますよね。


ですがこの手当は給与所得と見なされ、課税対象となります。


例えば、5万円の単身赴任手当であれば、その20%が税金として取られることが多いので、実質は4万円となります。

2015年の国内での単身赴任手当の相場は、手取りで4万円でした。


もちろん、交通費や家賃は会社持ちなので、その他の生活費にあてられる補助金みたいなものです。


海外の場合は、危険地域であれば手当も高額になりますが、最近は不況もあってか日本での給与の額は減らされる措置も多くなりました。

スポンサーリンク

収入が75万や100万円にアップした人もいるようですが、現地の物価が高い場合もあるので、それで生活が楽になるかは別のようです。



単身赴任手当ての「課税」、何税にあたる?

>単身赴任手当ては、所得税として課税対象になります。


給与にちょっと残業代がついても、当たり前のように課税対象になりますよね。


それとなんら変わらないので、あまりナーバスになることのないようにしましょう。


ちなみに、赴任手当というものもありますが、こちらは、引っ越し代がほとんどとなる一時金なので、非課税対象ですよ。


木下先生 『4 所得税とは』




参考情報:単身赴任者の生活費の内訳は?気になる懐事情2016

YOTA82_moshimosi15113909

単身赴任中の生活費の相場は、12万~14万が平均的であり、多い人は19万となっていました。


内訳は主な所で、食費に3~4万、交際費に2~3万円、携帯代に1万円が多いようです。


男性の一人暮らしともなれば、外食もぐっと増えますので食費がかさみます。


さらに、単身赴任となると、付き合いで飲みに行く回数はぐっと増えますので、飲み代もかさみます。



【最後に】

house-insurance-419058_1280

単身赴任手当がもらえると収入は確かに増えますが、生活は二重となるので、生活費は増えますね。


手当も課税対象となるので、もしかして手取りが減るのではと心配される方もいるかもしれませんが、これはないので安心しましょう。


ただ、ちょっと家計を引き締めないといけないかもしれませんので、事前に家庭で今後のやりくりをじっくりと話し合うことをおすすめします。


スポンサーリンク