不倫相手が妊娠してしまった!あなたが取るべき行動は?経験者が教えます。

スポンサーリンク

1

不倫相手から「妊娠した」との言葉!まさかの展開にうろたえてしまうでしょう。


つい火遊びをしてしまった」「本気で好きになってしまった」など、不倫に対する本気度は人によって異なります。


不倫相手の彼女の本気度も計り知れません。


こんな時、男性としてどういった対応をすべきなのでしょうか。


また、今後の対応についても気になるところです。


そこで今回は、もしも不倫相手が妊娠してしまった時、取るべき行動などをリサーチしていきます!


スポンサーリンク

不倫相手が妊娠してしまった!あなたが真っ先に取るべき行動とは?

2

妊娠した」との報告を受けたとき、まず何を思いましたか?


心の中では動揺して、慌てふためいてしまっていることでしょう。


家庭を壊したくないと思っている方なら、なおさらです。


こんな時、「堕ろして欲しい」と言う前に、まず取って欲しい行動があります!


それは…

≪不倫相手と真摯に向き合うこと!≫


妊娠が発覚したとき、相手女性の心のうちはどんな状態になっているかわからないものです。


責任を取ってもらうつもりの方もいれば、自分を責めてしまっている方もいることでしょう。


ただでさえ、女性は男性よりも感情起伏が激しいものです。


妊娠した状態で、さらにつわりもおこっていれば、よりナイーブな感情になっているはずです。


そんな時に突然「堕ろして欲しい」とすぐに言われてしまったら、あなたや家族に対して攻撃的になってしまう可能性さえあります。


よく話しを聞き、かつ落ち着いて冷静に話し合うことが必要です。


そして彼女の考えを聞いてあげましょう。


・子どもを産むかどうか

・産む場合、ひとりで育てられるかどうか

・認知するかどうか


不倫相手が妊娠した場合、妻への慰謝料は?

3

不倫相手が妊娠している状態で不倫が発覚した場合、離婚するしないにかかわらず、妻は夫に慰謝料の請求ができます。


もしそうなると、不倫をした夫は妻・不倫相手に慰謝料・養育費を払わなければならなくなる可能性もあります。


では妻が夫に慰謝料請求できる場合は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。


離婚しない場合は100万円以内

離婚する場合100~300万円


一般的に、子供がいるなどの環境で、離婚を選ばなかった場合は100万円以内。


許せなく離婚を決断した場合には100万円~300万円です。


婚姻期間や家庭の状態、浮気の程度などが考慮されるとのことです。


交渉にて決断できなかった場合は、裁判までいってしまうこともありますので、頭に入れておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

認知をした場合、養育費はいくらが相場なのか

4

もし不倫相手からの希望を受け入れ、出産し、子供の認知をした場合


当然のことながら養育費が発生することになります。


養育費というと、不倫相手にお金を渡すことになりますが、実際は子供に請求権があります。


母が代理で行うということですね。


父となった人が責任を持って子供を扶養するためのものですので、生活保持義務に基づいて算出されます。


では実際、いくらが相場なのでしょうか。


家庭が困窮しない範囲で、毎月2~5万円が相場です。


そのため夫の収入によって支払う金額は変わってくるでしょう。


養育費を払うことになった場合は、念のためDNA鑑定で自分の子であるかを確認しておくこともおすすめです。


覚えておこう 不倫の代償。 相談先はどうする?

5

さてここまでは、不倫相手が妊娠してしまった時、どうなるかをご説明しましたが、最後に不倫をした結末にどうなってしまうのか、経験者が口を揃える「不倫の代償」についてご紹介します。


失ってしまうものはどんなものでしょうか。


夫婦の絆

不倫相手の関係が終わったからといって、妻が心に受けたダメージは簡単に消えません。


またイチから関係を作っていくことが求められます。


金銭面

どの結末になってしまったとしても、お金は必ずかかります。


100~300万円の慰謝料、月2~5万円の養育費が必要になります。


友人や両親との関係

浮気が許せないタイプの方なら、離れていくこともあります。


最悪の場合、仕事

不倫相手が同僚や後輩などであった場合、勤務先にもしバレてしまったら、突然解雇を言い渡されることも少なくありません。


不倫の代償はやはり大きいものですね。


誰かに相談したいところですが、簡単には相談できない問題です。


こんな時、一人で悩み続けても解決策は見えてきません。


そんな時に利用できる、NPO法人の相談所があるのはご存知でしょうか。


電話やネットから無料相談ができるので、こういったサービスを使ってみると良いでしょう。


NPO法人よつば



いくら不倫をしてしまったとしても、これまでを悔い改め、自分の人生を取り戻していくことも大切ですよ。


【結論!不倫相手が妊娠!経験者が教える、取るべき行動はコレ!】

6

1.まずは不倫相手と真摯に向き合う!
  相手がどうしたいのか、どんな状態なのかをきちんと見てあげましょう


2.相手が請求すれば慰謝料や養育費が!
  妻へは100~300万円の慰謝料、不倫相手には月2~5万円の養育費がかかることを覚えておきましょう。


3.ひとりで思い悩んだときは?
  NPO法人などの無料相談所へ相談してみて!


家庭を壊す気はなくとも、浮気相手が妊娠してしまうと一気に状況が変わる不倫の実情


認知や養育費は不要といわれても、ひとつの命が産まれるなら、誠実に対応していきたいものですね。

スポンサーリンク