黄砂時期の洗濯対策は部屋干しが最強!生乾きや生乾き臭を防ぐ方法とは?

スポンサーリンク

washing-day-1040031_1280

花粉症の人や黄砂がひどい時期は、外に洗濯物を干すのをためらいますよね。


黄砂が洗濯物に付着して健康被害を引き起こすこともありうるので、部屋干しをしてしっかりと対策をすることをおすすめします。


部屋干しでも臭くならない方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

黄砂時期の洗濯物は「部屋干し」が正解!理由とは?

washhouse-294621_1280

黄砂は外に蔓延しますので、やはり黄砂がひどい季節は、部屋干しにするのが一番でしょう。


乾燥機で乾かしても良いですが、服を傷めやすいので、あまりおすすめできませんね。


家の中で洗濯物を干す場合は、除湿器をつけて乾燥させるという人が多いようです。


理由は、乾くまでに時間がかかりますが、電気代の面からみると、浴室乾燥機やヒータ式の乾燥機、エアコンよりも電気代が安くて済み、経済的だからです!



だけど、「生乾き」「生乾き臭」が気になる、その対策は?

white-845071_1280

部屋干しをお勧めしましたが、干し方を間違えると、匂いがひどいものになったりするんですよね。


そんな時に重要視したいのが、洗剤です。


そもそも生乾き臭の原因は、衣類が湿った状態の時に繁殖した菌です。


そのため、除菌力の優れた洗剤を使えば、部屋干しでも問題なくなるのです!


匂いが気になる場合は、部屋干し用や抗菌タイプと書いてあるものを選べば間違いないと思いますよ。



外干しで黄砂を防ぐ方法はないの?

laundry-221470_1280

洗濯物にビニール製のカバーをかけるだけでも、付着する量は減らすことができます。

スポンサーリンク

しかし、あまり乾かなくなるので、なるだけ部屋干しすることをお勧めします。


また、市販のカバーを使う際は、取り込む時に、自分の衣類に黄砂が付着しないように注意してくださいね。


衣類に付着すると、その後、洗濯物を片づける段階で他の衣類に付着しやすくなります。


黄砂情報を調べるなら、気象庁のサイトがおすすめですよ。




本当は怖い黄砂の健康被害。きちんと対策をしよう!

黄砂が体内に入るとアレルギー症状(咳、くしゃみ、鼻水)を引き起こすケースがあります。


また、気管支炎、花粉症の悪化、肺炎、目のかゆみ、充血、アトピーの悪化、湿疹などの原因になる場合があるので、十分に注意が必要です。


黄砂がひどい時期に出かける場合は、花粉対策用のマスクやサングラスの着用をおすすめします。


家に帰ったら、粘着力のあるクリーナーで衣服に付着した黄砂をしっかりと取り除き、室内への侵入を抑えましょう。


部屋の窓はなるだけ開けず、開けた後は、空気洗浄機を使用しましょう。


家族に小さい子やアレルギーのある人がいる場合は、とくに気を付けるように心がけてくださいね。


【動画HowTo】黄砂の健康被害と予防法




【最後に】

clothespins-9272_1280

黄砂は、近年特にひどくなっていると言われています。


さらにはPM2.5も存在するので、日ごろからしっかりとした対策が必要です。


黄砂やPM2.5がひどい日は、洗濯物は絶対に外に干さないようにしましょう。


最近は性能の良い洗剤が多いので、部屋干しでも快適ですよ!

スポンサーリンク