雛人形の片付けは3月3日の夜?いいえ!「啓蟄の日」がベストです!啓蟄の日っていつ?

スポンサーリンク

1

雛人形の時期がやってきた!キレイに飾られた雛人形は、春を感じさせる素敵な風習ですよね。


梅が咲き、桜が咲くまであと少し、気分も次第に浮かれてきます。


そんな時、桃の節句が過ぎると、「雛人形を早めにしまわないと、娘が、孫が、嫁にいき遅れちゃう!」なんて焦っていませんか?でも大丈夫です。


今回はこんな風に昔から言われている、雛人形の片付け方についてご紹介していきます。これを読めば安心して片付けができますよ♪


スポンサーリンク

3月3日の夜に片付ける?正解は啓蟄の日です!啓蟄の日とは?

2

3月3日の桃の節句が終わると、雛人形を片付けなければと考えますよね。その日の夜にしまってしまう?それとも後日早めに片付ける?と悩むところでしょう。


片付けが遅れると「婚期が遅れる」と昔から言われているので、急いでしまうこともありますよね。


しかし、雛人形を片付けるのに最適な日があります。


それは、2016年3月5日「啓蟄の日」です。


啓蟄(けいちつ)とは…古代中国で農作のために作られた二十四節気の中のひとつ。


「啓」は開く、「蟄」は「虫などが土中に隠れる」という意味を持ち、啓蟄とは「冬籠りの虫が這い出る」という意味をもっています。


冬篭りの虫が這い出る「啓蟄の日」は、暖かく、湿気が少なくなるため、雛人形をしまうのに良いとされているのです。


雨の日にしまうとカビの原因になるとよく言われていますよね!


だけど、いつ頃に片付けるのが一般的なの?

3

でも皆さん実際はいつ頃に片付けているのでしょうか。


最近のコンパクトな雛人形ならすぐにしまえそうですが、何段もある立派な物だとしまうのも大変ですよね。


実は、関東と関西では雛人形そのものを飾る時期が異なります。


関東…立春~啓蟄の日
関西…3月3日~4月3日頃


関東ではご紹介した啓蟄の日や、早めにしまうというのが一般的ですが、関西では旧暦の3月3日、すなわち現在の4月3日頃まで飾るというのが一般的です。


雛人形の顔つきや飾る位置まで、関東と関西では異なっているんですよね。


皆さんの生まれ育った地域ではどんな雛人形なんでしょうか。


意識して見てみるとおもしろそうですね。


片付けが遅れると「婚期が遅れる」っていう噂の由来は?

4

さて、ここで気になるのは片づけが遅くなると「婚期が遅れる」という噂です。

スポンサーリンク

3月3日から1日経つごとに1年遅れるなんて言われていますよね。


たった1日で1年…困ったものです。


(でもそもそも啓蟄の日にしまうとなると、2~3日遅れるので、全員2~3年遅れることになってしまうんですが…。)


雛人形というのは、女の子にふりかかる不幸や災いの身代わりになってくれるという、有難いものなのです。


その雛人形をずっと飾っておくと、「不幸や災いが戻ってきてしまう」といわれており、ここから、「不幸が戻る」=「お嫁にいき遅れる」という噂になったのだそうです。


しかしながら、これは江戸時代頃に誕生したお話であり、その頃の結婚年齢は20歳以下です。


今の結婚平均年齢は約28歳、江戸時代からすると「お嫁にいき遅れる」と呼ぶ時期なんてとうに越えています。


なので、不幸の身代わりになってくれる雛人形は、お礼を伝えながら大切にしまってあげるのが一番良さそうですね。


覚えておくべき、「雛人形の片付け時短術」とは?

雛人形は大切にしまいたいところですが、やっぱり大きなものだと時間がかかってしまうものです。


そこで、雛人形を片付ける時短方法をご紹介していきます!


≪用意するもの≫
・羽毛はたき
・薄手の手袋
・ジップロックなどチャック付きの袋
・ティッシュ
・新聞紙


≪片付け方法≫
・湿気を取り除くため、窓をあけ風通しを良くしておく
・人形についたホコリを羽毛はたきでサッと取り除く
・人形の持ち物や小物をジップロックにまとめる
 (誰の持ち物か書いておくと飾るときが楽に!)
・人形の顔をティッシュで、胴体を新聞紙でくるむ
・箱に入れ、防虫剤を入れる

これで終了です!


ポイントは必要なものの準備を先にしておくこと!


あとはしまいこむだけです。


準備さえできていれば簡単にしまえそうですね。



【結論!雛人形の片付けはいつ?地域によっても差が!】

5

1.関東なら2016年3月5日!啓蟄の日にしまいましょう。


2.関西なら2016年4月3日頃!旧暦の3月3日にしまいましょう。


3.身代わりになってくれた雛人形は、大切にしまいましょう。


4.片付けのポイントは事前準備と湿気対策!
  片付ける日は、事前に風通しを良くしておきましょう。


片付けが遅れると婚期が遅れるから、早めに片付けようと信じ込んでいましたが、元々の意味や由来を調べてみると、少し違う意味があることが分かりました。


今後はぜひ昔ながらのやり方に沿って、雛人形の片付けをしてくださいね!いつまでもキレイなままで雛人形を飾ってあげましょう♪

スポンサーリンク