単身赴任の生活費が1ヶ月10万円じゃ足りない?足りる?多い?単身赴任事情2016!

スポンサーリンク

1

突然の辞令でやってくる単身赴任生活!家族で話し合って、単身赴任をすることになったけれど、仕事もしながら一人で生活費をやり繰りし、それまで奥さんに任せていた家事もこなさなければなりませんよね。


単身赴任をしている人は多いですが、お金って一体どのくらいかかるものなのでしょうか。


会社から家賃補助や単身赴任手当てが出るなら大助かりですが、好き勝手に使えばお金はどんどんかさんでしまいます。そこで今回は、そんな単身赴任の生活費の実情を調べていきます!


スポンサーリンク

家賃を除いた単身赴任者の1ヶ月生活費、10万円で足りる?

2

一人で生活するに必要なものは、家賃を除いて考えると、光熱費・食費・飲み会等の交際費の3つに絞られます。どの家庭でもそうですが、この3つの中で一番抑えやすいのはズバリ食費です。


一人だとついつい好きな物や美味しい物ばかり選んで食べてしまいそうですが、そうすると食費も体重も増えていっちゃいますよね。1ヶ月の生活費を10万円で抑えることはできるでしょうか。平均的な単身赴任生活の内訳はこのようになっています。


食費3万円程度
光熱費…1万円以内(電気代3,500円、ガス代3,500円、水道代2,000円)
生活用品…1万円以内
交際費…2万円程度


単純計算でも、7万円あれば、ある程度の生活はできそうです!10万円もあればお釣りがきます。食費が3万円以上になったり、交際費が2万円以上になれば変わってきますが、こちらにタバコ代や洋服代・携帯代などをプラスしても10万円あれば、まかなうことができますね。


単身赴任者の生活費の内訳は?単身赴任者のリアル2016!

3

とは言え気になる実際の単身赴任生活者の実情!実際にどのようにお金を使っているのかを調べてみました。


≪生活費10万円≫
食費:4万円
ガソリン代:1万円
雑費・交際費:5万円

≪生活費7~8万円≫
食費:5~6万円(ほぼ外食)
被服:0.4万円
雑費・交際費:2.6万円


車を使うかによっても生活費の計算は変わってきますね。他にも趣味がある場合は月々にかかるお金もある程度あるでしょう。ご自身の生活に欠かせないものも、まず生活費に含めて考えてみると食費をどのくらいにしたら良いか、算出しやすそうですね!


単身赴任中の生活費、どうやってやりくりしている?赤字?

4

大体の生活費が10万円で賄えることは判明しましたが、会社に勤めていれば、急な飲み会や断れない交際費もでてくるものです。実際にお金が足りないと毎月カードを使って、結局3万円程度出費がかさんでしまっている、というケースもありますし、中には独身気分に浸ってしまい、使いたい放題になってしまう方も少なくないようです。

スポンサーリンク

それでもやりくりしなければならない奥様は大変ですよね。赤字にはならなくとも、貯金が出来なくなり困っている方は沢山いらっしゃいます。


単身赴任の心構えは、ズバリ家計の見直し・単身赴任前の約束です。ご主人の生活費に目を向けてしまいがちですが、別々に暮らせばそれだけお金がかかることは仕方ない部分もあります。


家計を見直し、削れそうなものは全て削ることがベストです。また、家事が苦手な夫でも、朝食は外食にしない・クレジットカードは使わない、等、単身赴任前に約束をしておきましょう。今までとは違う生活でお金が足りなくなる前に、賢く管理することも大切ですね!


単身赴任貧乏にならないために、単身赴任の先輩から聞いた3つの節約術とは?

5

そんな単身赴任で生活が苦しくならないために、単身赴任経験者だからこそ教えられる節約術を3つご紹介します!


自炊をする

まずはこれが一番です!お昼にお弁当を持参しなくとも、朝食やできれば夕食も自炊して貰いましょう。賢い奥さんの中には、ある程度日持ちするおかずを何日か分まとめてクール宅急便で送っている強物も!食材宅配を利用してみるもの良さそうです。


家具レンタルサービスを利用する

家具が揃っている家を借りられるなら申し分ないですが、そうではない場合に、単身赴任期間が決まっているのに家具を全て揃えるのは結構なお金がかかる上に、処分するのも大変です。そんな時はレンタルサービスで炊飯器~冷蔵庫、洗濯機まで必要に応じて借りれば、安上がりにもなりますよ。


使ったお金はすべて家計簿に!

奥様がやるのが一番良さそうですが、夫自身でやってもらうのも良いでしょう。単身赴任でなければ、奥様が全て管理しているので苦にはならないでしょう。ここは削れる、削れないというのが一目でわかるので、旦那様も楽しくなると節約家になってしまうかもしれませんね!


【結論!単身赴任の生活費事情2016!節約をするには?】

6

1.1ヶ月で10万円あれば生活可能!
  どうしても削れない趣味・娯楽がある場合は、お金の使い道を夫婦で相談しましょう。

2.10万円以下の単身赴任者も!
  どのように生活しているのか知ることも大切です。

3.節約の一歩は自炊から!
  お料理が得意でなくても自炊できることを考えてみましょう!


いかがでしたでしょうか。単身赴任が初めてとなれば、不安なことも多々ありますよね。ですが、その前に収入と、単身赴任手当てなどの貰える金額も含めて、金額を算出してみてください!


お互いに大変な単身赴任生活は、夫婦2人で話し合って決めていきましょう!ご自宅の家計見直しも忘れずにやってみて下さいね♪

スポンサーリンク