一人暮らしの仕送り、2016年の平均額は7万円!いくらなら甘やかしではない?

スポンサーリンク

square-academic-cap-999418_1280

2016年の春に、お子さんが大学生になって、東京へ上京される方が今、一番気になるのは、仕送り額ではないでしょうか?


どのくらい送れば良いのか
分からないですよね。東京なので、物価も高いかもしれませんし、そもそも何にいくら必要か分からないですよね。


多く渡しすぎて遊んでばかりになっても困りますが、足りなくてバイトばかりで留年はもっと困りますもんね。そうならないように、ぜひ事前に把握しておきましょう。



スポンサーリンク

この春から一人暮らしをする子供への仕送り平均額2016!

PPC_1manensatu4mai

ここ最近の仕送り平均額がこちらです。


2010年は9万5000円、2011年は6万9780円、2012年は8万9500円、2013年は8万9000円、2014年は8万9000円、2015年は8万8500円となっています。


この平均額は、おおよそ首都圏の私立大学に通う大学生の数字です。この数字から見て、2016年に仕送りをスタートする場合は、7万~9万程度が良いという結論に達します。


仕送り額が少しずつ減少していますが、家賃や生活費は上がっており、9万近い仕送りをしても、半分以上が家賃に消え、食費を削る子も増えているようです。



仕送り金額はいくらなら甘やかしと言われてしまうのか?

YUKI_kodomookane15144623

そもそも仕送りとして必要な額は、家賃と光熱費だけで良いものです。家賃が首都圏で平均5万~7万なので、そこに独り暮らしの平均光熱費である1万円を足した額が妥当でしょう。


食費を削ることを心配されるなら、さらに食費として1万円プラスすれば、十分です。


10万を超えるような額は、いくら物価が高いと言われる首都圏でも、一人暮らしの大学生には多すぎますので、送らないように注意しましょう。


多すぎはいけませんが、少なすぎも注意が必要です。少なすぎると学生はおこずかい欲しさにアルバイトに走り、学業をないがしろにしがちになります。


キャバクラやコンパニオン、日雇いバイトに精を出して単位を落とす学生は、毎年必ずいます!なので、少しは余裕のある額を渡す方が良いでしょう。



仕送り金額 支出の内訳は?親が把握しておくべき2016年の大学生の懐事情

freee151117071495

仕送りの支出の多くが、家賃です。

家賃を親が別に払っているという場合は、光熱費と食費に充てられています。光熱費が最高でも1万円、食費が2万~3.5万ほどです。

スポンサーリンク

他には、最近は必須となったネット代に、4千~6千円、携帯代が5千~1万円、雑費・交通費が2万円ほどです。


中には、仕送りの残りは繰り越して、そこから年2回の帰省代を捻出する、なんて子もいるようです。


遠方からだと、帰省代もかさむので4年で2回しか帰ってこないなんて子も多いようですよ。



お金以外の仕送り事情、何を送れば子供は生きていけるのか?喜ぶのか?

子供の多くが、足りない時は食費と光熱費を削っているので、やはり手軽に作れて、しっかりとお腹にたまるカップ麺やレトルト食品がうれしいでしょう。


・ご飯を一人分炊くのが面倒なので、レンジで一人前の白飯が作れるレトルトタイプのものは、とっても嬉しいでしょう。お腹にも溜まりますしね。


後は保存がきく缶詰もあると助かりますね。


カップ麺もしくは、インスタント麺は、仕送りの定番ですね。地方っ子には、首都圏で買えない地元の味が恋しくなることもあるので、そういうたぐいのものは喜ばれるでしょう。


お米を送ってもらえるのも、とっても嬉しいと思います。


もしくはそうめんやパスタなどの乾麺も自炊が面倒な時にも、簡単に作れて食べられて便利です。


さらに重たい食材は、一人で電車やバスに乗って買い物に行って買うのは大変ですから、送ってもらえれば喜びますよ。


・女の子だと食材以外で送ってもらってうれしいのが、トイレットペーパーや洗剤です。


年頃の女の子の中には、トイレットペーパーや生理用品を買いに行くのが恥ずかしいなんて子もいるので、さりげなく入っていると、うれしいものです。


洗剤もいくつも袋にあると、重たいので送ってもらえると助かりますね。


母から仕送りがやってきた。



【最後に】

 
150415241454

消費税が上がっており、お金がない学生の一人暮らしは、さらに厳しくなってきています。


もちろん、安いお店も増えて日用品や食材を安く買うことができたり、ネットを使うことで、まとめ買いで安く手に入れることもできる時代ですが、なるだけお子さんがバイト漬けにならないように気を付けた仕送り額にしてあげましょう。


大学時代は最後の学生生活を送る場です。大学生時代に得るものは、その子のその後の人生にとって偉大です。


とことん勉強したいことに熱中し、趣味に没頭し、仲間との時間を楽しんで、その後の自分の糧になるものを身に着けて、深みのある大人になるよう、親御さんは応援してあげましょう。

スポンサーリンク