弔電を郵便局から送る方法ガイド 料金は?送り方のマナーや文例付き

スポンサーリンク

chrysanthemum-209653_1280

急に知り合いや会社の取引先の方が亡くなった場合に、仕事の関係やスケジュールで通夜に顔を出せないことも多いでしょう。そんな時に頭に浮かぶのが、弔電ですよね。しかし、送ったことがないと何をどうしたらいいか分からないものです。さくっと分かって、すぐに対応できるように記事にまとめたので、ぜひ活用してくださいね。


スポンサーリンク

急に弔電を送ることに!郵便局で弔電送付のステップ!

YUKA863_osusume15202708

まず、そもそも弔電とはなんでしょう? 弔電とは、事情があって通夜や告別式に参列できない人が、喪主や親戚に対して、弔意を表す電報を送ることです。


郵便局のコールセンターから弔電を送る場合は、4つのステップがあります。


1 あらかじめ文面を考えておきます。

2 送り先の住所や名前を調べておきます。住所は、もちろん斎場や式場宛てでOKです。

3 コールセンターへ電話します。受け付けは年中無休で、8:00から22:00までです。

4 基本情報、支払方法(クレジットか電話料金合算)、台紙を選んで、文面を作成したら、手続きは完了です。コールセンターの他にも、Web上でも申込みができます。こちらの方が口頭ではないので、間違いが少ない場合が多いでしょう。


もしも、手書きでイラスト付きのものを送りたいなら、ポスト投函、窓口、FAXがおすすめです。この場合は、事前に郵便局に連絡が必要だったり、専用の用紙の入手が必要だったりするので、公式できちんとご確認ください。




郵便局の電報サービスであるレタックスは、リーズナブルな価格設定であり、手書きの文面を贈ることができ、15:30までに差し出しタ場合は、おおむね当日配達が可能となっています。


葬儀・葬式の弔電や電報について | 笠間・友部



急に弔電を送ることに!郵便局から送る場合の料金は!?

MAX87_guragurasuru20140531

そもそも弔電を送る際には、郵便局のレタックスNTTの電報サービス2つの選択肢があります。


郵便局のレタックス

文字数に関係なく、一律で580円です。そこに台紙の値段が上乗せとなり、580円、922円台から送ることが可能です。Webからの利用なら、さらにマイナス50円ほど安いです。

スポンサーリンク

NTTの電報サービス

こちらは、文字数によって値段が変わり、さらに台紙の値段でも合計金額が跳ね上がります。漢字電報で25文字までで700円で、それ以降5文字ごとに90円が加算されます。ちなみに、カナ電報なら25文字までで490円です。




はじめての弔電、何を書けばいい? 失礼のない文例3選

LIG_penwomotubiz

多くの場合は、定例文がすでに用意されてあり、それを選べば間違いありませんが、それではどんなに豪華な台紙を使っても、多くの弔電に埋もれて、遺族からは誰のものか分からないということになってしまいがちですので、定例文を選んだ上で、真ん中に故人様との思い出を語ると良い仕上がりになるので、覚えておきましょう。下記に、定番の定例文を参考までに載せておきます。


・ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。(23文字)
・○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。(46文字)
・ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(48文字)


絶対に守るべき 弔電のマナー これだけ覚えれば大丈夫!

OZPA87_katakorigayabai20130707

弔電を送る際は、遅くても告別式に間に合うように送るのが、最低限のマナーです。今日では、カタカナで送ることはないので、くれぐれも送り先の住所や名前の漢字を間違えないように注意しましょう。


さらに遺族側がどんな間柄の人から送られてきたかすぐに判断できるように、肩書として会社名や部署名などの団体名を記入するようにしましょう。


また、宛名についてですが、本来はお悔やみを言いたい方宛てで送るものなので、送りたい相手が喪主ではない場合も問題なのですが、建前上あまり良いイメージがないので、最近では、「(喪主名)様(送りたい人)様」や「(故人名)様ご遺族様」「(故人名)様ご一同様」宛てで送るのが一般的です。


さらに故人がキリスト教徒の場合は、文面にて仏教用語に当たる言葉は、一切使わないように心掛けましょう。


【最後に】

flowers-164028_1280

弔電は、今日では形式上のものになって来ていますが、遺族はそれでも告別式終了後には、台紙から紙を抜き取り、大事に保管しておくものですので、いつ読み返されても恥ずかしくないように、最低限のマナーを守って送る様にしましょう。一度経験してみれば、なんてことはなく、簡単に対応できるようになると思うので、がんばってくださいね。

スポンサーリンク