入学のお祝い【小学校・中学校】には家族以外には何が喜ばれる? 入学祝いの作法2016

スポンサーリンク

4IS_aozoratoshiroisakura

親戚に小学生に上がる子、中学生に上がる子がいたら、入学祝を贈るのが習わしですが、あげたことがないと、相場が分かりませんし、どのように渡せばよいのかも分かりませんよね?今回はそんな疑問を解決できるような記事にまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

入学祝いをいとこ、姪などに贈る場合の作法とは?相場は?

入学祝いは通常、ごく親しい身内のみにあげるものですが、多くの場合はそこに親しい友人のお子さんも含まれますね。いつ頃に渡すのがベストかというと、通常、入学が決まってから入学までの2~3週間前までに贈るのが正しいマナーなので、小学生や中学生なら3月の初旬です。

また、入学後に贈ってはいけないというルールはないので遅れても大丈夫ですが、入学後に贈る際は、物ではなく、お金や図書カード、商品券などにすると良いでしょう。

相場については、いとこや姪、甥に贈ることを想定して、贈る側が30代までなら、小学生で3000~5000円、中学生で5000~10000円程度です。贈る側が40代以上なら、小学生で5000~10000円、中学生で5000~20000円程度と言われています。

次にのし袋ですが、お祝いごとなので、まずは赤いものであること、また入学祝いなので、結び目が蝶結びになっているものを選びましょう。「入学御祝」、「祝御入学」、「御入学御祝」などの言葉を表に書きましょう。


「御入学祝」の書き方(筆ペン) How to write Gonyugaku-iwai(Entrance to school celebration)


小学校に入学!何が喜ばれる? 人気の入学祝いBEST3

YUKI86_randoseru15115718

一位:現金、商品券

現金や金券を贈る人が多数です。この方が、もらった側が助かるので、ほとんどの人がここに収まります。

二位:男の子は図鑑、女の子はかわいいポシェット

男の子の場合は、その子がハマっているものがたくさん載っている図鑑を贈ると喜んでくれます。女の子なら、お出かけに使用できる、かわいいリボンのついたちょっと大人びたポシェットを贈ると、とても喜んでくれますよ。

三位:男女ともに、腕時計

腕時計なら、小学校に上がって時計を読む習慣をつけさせたい親と、大人のマネをしたい子供の両方に喜ばれるアイテムです。また、小学校に上がると一人で出かけることも多いので、目覚まし時計よりも腕時計の方が喜ばれます。贈る際には、キャラクターものは避けて、なるべく長く使える、子供向けのカラフルなものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

中学校に入学!何が喜ばれる? 人気の入学祝いBEST3

PP_gekoucyuunojc

一位:図書カード、現金、商品券

中学生には、特に現金や金券を贈る人が多いです。中学生になると、子供に直接贈ることが多いため、親に気を使って、図書カードを贈る方も多いですね。参考書や問題集を買うことも多くなるので、図書カードは重宝します。

二位:男の子なら腕時計、女の子ならポーチ

中学生の男の子が喜ぶのは何と言っても、腕時計です。シックなデザインのものが好まれ、ブラックの文字盤におしゃれなベルトがついているものが特に人気のようです。

女の子は、中学生になると普段から持ち歩くアイテムが増えてしまいます。そこでほとんどの子が持つようになるのがかわいいポーチです。入学後に周りを見て慌てて買うより、先に贈っておくのはありだと思いますよ。デザインは普段、その子が好んで着ている服装などからキャラクターものではない無難なデザインをチョイスしましょう。

三位:男の子なら長財布、女の子ならコンパクトミラー(ブランド物)

中学生になると学校でも財布からお金を出すシーンが増えます。そんな時にかっこいい財布を所持していたいものです。制服のズボンのポケットから覗く長財布が特にうれしいようです。長財布の柄や色でおしゃれを競うこともあるので、デザインにはくれぐれも注意しましょう。

女の子は、中学生になるとどこに行くにも必ず持ち運ぶようになるのが、コンパクトミラーです。程よい大きさで、おしゃれなものを好む傾向にありますが、比較的安価なものなので、お祝いとして、絶大な人気を誇るアナスイやピンキーガールと言った子供には手が届かないけど、大人には簡単に手が届いてしまうティーン向けブランドのものを贈ってあげると、とっても喜んでもらえると思います。


入学祝いをもらったら? お祝い返しには何を贈ればいい?相場は?

0I9A351215032114onepoint

原則的に、お祝い返しは不要です。親しい身内間で贈り合うものなので、気を使いすぎることはしなくて大丈夫です。最近は、お礼の言葉を電話やメールで伝えることも増えましたが、一番大切なのは、もらったお子さん本人にお礼を言わせることです。これさえ、気を付けていれば、OKですよ。


【最後に】

gifts-570821_1280

入学祝いは、通常は親しい間柄の人が、わが子のようにかわいがる子の成長を喜ぶ意味で贈られるものです。そのため、お互いが気を使わない程度の金額で贈ることが良いとされていますので、祖父母ではない限り、あまり高価なものを贈らないようにしましょう。

現金が多い入学祝いですが、意外と子供は大人になっても覚えているものですから、子供に本当に喜んでもらいたいなら、残る物でプレゼントしてあげるのも良い、と思いますよ。


スポンサーリンク