再就職手当が受給できる条件とは?再就職手当受給のステップ

スポンサーリンク

PPC_1manensatu4mai

再就職が決まった際に、再就職手当の受給が可能と聞けば、誰だって貰えるものはしっかりと貰っておきたいと思うことでしょう。でも、どんな条件があるのか、よく分からない人も多いことでしょう。この記事で、ぜひしっかりとチェックしてみてください。


スポンサーリンク

再就職手当の基礎知識!再就職手当とは?

まず再就職手当は、失業保険(雇用保険の基本手当)をもらっている人が、早期に安定した職業に就いた場合、もしくは事業を開始した場合に一括でもらえる手当のことです。失業保険の章程給付日数を基準に計算がなされます。

再就職手当 失業等給付4 〈雇用保険2〉
https://youtu.be/Lp8S6gYxGwI


再就職手当を受給する条件とは?内定や契約社員でももらえるの?

CAFEnomadojyosi15221149

再就職手当を受給する条件としては、所定給付日数の3分の1以上が残っていること、離職前と同じ事業所ではないこと、求職の申込前に雇われる事が約束されていないこと、給付制限1ヶ月以内の場合は、ハローワークからの紹介であること、3年間において再就職手当をもらっていないこと、一年を超えて引き続き雇用されることが予想される仕事であること、次の就職先で雇用保険に加入することなどがあります。

アルバイトやパート、契約社員であっても、一年間以上雇用される、とハローワークが判断すれば需給可能です。
さらに、自営業を始めた場合も6つの条件をクリアすれば、もらうことができます。まず、所定給付日数の3分の1以上が残っていること、待機期間(7日間)を経過した後に事業を開始した場合、給付制限を受けた場合は一か月が経過した後に事業を開始した場合、過去3年間に再就職手当を得ていないこと、雇用保険の適用事業の事業主になることなどがあります。

就職促進給付


条件を満たしていた場合、どこに申請をすればいい?

MAX87_guragurasuru20140531

条件を満たしており、申請したい場合は、就職日の翌日から1カ月以内に、本人がハローワークに書類を持って申請に行かなくてはなりません。

スポンサーリンク

必要な書類は、再就職手当支給申請書、再就職手当調査書、雇用保険受給資格者証、出勤簿またはタイムカードの写し、就職日前日までの失業認定申告書などがありますが、書類によっては、本人が記入する欄と事業所が記入する欄があるので、早め動いて用意するようにしましょう。

再就職手当の手続き給付方法
再就職手当を受給する方法


再就職手当だけじゃない!こんなにあるぞ!国や自治体の就労支援!

pointed-flower-793817_1280

一番良く耳にするのが職業能力開発促進センターではないでしょうか。求職者が新たな資格やスキルを取得できる場です。全国各地に設置されているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)


地域おこし協力隊ってご存知ですか?地方に住んで、その地域に貢献できるような活動をするというものです。大体1年から3年程度の活動期間を設けているところが多く、住みたい地域で検索して、興味を持った活動に応募して採用となれば参加する、というスタイルです。参加するメリットもたくさんあり、20代から55歳くらいまでOKという所も多いので、ぜひ調べてみてくださいね。

地域おこし協力隊


また、大阪府では、かなり大規模な若者(16~39歳)の職業支援がなされています。総合サイトをご紹介いたしますので、大阪にお住まいの方はぜひチェックしてみてくださいね。

支援機関一覧|豊中市で就労・就学に悩む若者のための若者支援ガイド


【最後に】

PAK82_gannbattekudasai1039

再就職手当の受給には、失業保険の受給と同じくらい面倒な手続きやステップ、条件がありますが、もらえる額は大きいので、ぜひ有効に活用してみてください。また、受給できる条件は、個人個人で窓口にて相談してみないと、最終的に分からないものですので、ぜひ最寄りのハローワークに一度足を運んでみてください。

スポンサーリンク