新入社員なのに辞めたい!と思ったら真っ先に読む記事はこちら!

スポンサーリンク

AL201_nomikai1020140830190414

新入社員として会社に入社できたはいいが、一年経っていないけどもう辞めたくてたまらない人も多いことでしょう。辞める人が多いと言われる今日ですが、それでも辞めたらどうなるのか分からない、と踏み切れないですよね?ブラック企業なんて言葉が当たり前に使われ、良くない会社も多く、無理に続けるのはお勧めできない時代です。あなたの悩みを解決できるかもしれませんので、辞めたくなったら、ぜひこの記事をチェックしてみてください。



スポンサーリンク

新入社員の離職率!どれぐらいの人が何年以内に退職している?

YOTA82_nanigaokotta15122053

今現在、大学卒の新入社員が3年以内に辞める割合は、3割の32.3%と言われています。これが短大卒になると3年以内で4割となり、高卒で3年以内も同じく4割です。一年以内でも、12~19%の人が辞めていることが分かっています。

辞めてしまう際の理由として最も多いのが、給料の低さです。知っていながら入社しても、いざ働いてみると仕事量と給料の額が見合っていない、と感じて退職してしまうようです。

他にも、会社の安定性や将来性に期待が持てない、会社の環境に慣れなかった、職場の人間関係がつらい、思っていた仕事と違った、やりがいがなかった、なども理由として挙がっています。



新入社員なのに辞めたい!と思ったら真っ先に取る行動とは?

140726199461

入社3か月で辞めたいと思ったら、まず仕事場以外でストレスを発散できる場やことを作りましょう。仕事はお金を稼ぐためにある、と割り切ってしまえば意外と長く続けられるケースもあります。新入社員だと、リフレッシュ休暇もない場合が多いですが、趣味のために有給休暇を使って、ちょっと何度か休んでゆっくりしてみてください。

好きなことを仕事にしたいと思う方は多いでしょうが、仕事なので好きなものだけ抱えていられるわけではありません、好きなことを仕事の外に持つことは、とても大事なことですよ。

誰かに相談したいと思ったら、同じ年の友達や同僚に相談しましょう。年上の先輩や親に相談しても、辞めさせないための言葉しか選びません、客観的に話を聞いてくれない場合が多いので、マイナスな面ばかり増えて、かえって辞めたくなります。

スポンサーリンク


もう辞めると決めた!退職理由はどう伝える?退職金は出るの?

一年未満で辞める際に円満退社できた人は、ほとんどいません。一年半でも難しい、と思います。よっぽどの理由が必要なのです。もちろん、それは当然のことです。あなたを雇うのに、手取り20万だとしても、毎月50万円がかかっているので、会社は簡単に辞められたら困ります。ですから、退職する際は、できるだけ努力して、マシな状態になるようにしましょう。

もちろん、心身に疲労を感じていれば、素直にそう伝えればよいと思いますよ。人間関係に関しても、素直に言ってしまえば、意外とあっさり解決してくれる場合があります。

また、一年未満で辞めた場合は、健康保険や失業給付金、退職金などは出ないので、その後の生活費や転職費用について注意してくださいね。


大和賢一郎「いつ辞めても安心!退職準備マニュアル」



入社1年未満で辞めたら次の就職は不利なのか?面接ではなんて言う?

MOK_ahiru1vs4

入社1年未満で辞めたら、もちろん不利です。ですが、最初に見た通り、現代では多くの人が一年未満で辞めているので、第二新卒として転職できる場があります。新卒と違って、社会人としてのマナーが多少でもあり、雇う側から見ても、コストを抑えられるので大企業を狙わない限り、転職はさほど難しくありません。

また、転職する際は、無料で相談できる転職エージェントを利用すると、不利にならないような面接での話し方や履歴書の書き方までしっかりとサポートしてくれるので、おすすめですよ。

人間関係や会社の仕事と理想のギャップが退職理由の場合は、これから働く場合は短期で辞めないように何に注意するかを話したり、長く働きたい意志を見せたりすることが大切です。能力が高く、人材として良い場合は、短期で辞めたことだけで、採用を不利にするのは、とてももったいないことですから。



【最後に】

KAZ93_kosumosu02

新入社員だけど一年未満で辞めたい、と思う人は、6割に上ると言われています。多くの人が悩むものなのです。あなたが20代なら、転職はなんとでもなるものです!いろんな会社で働いてみて、一番合う会社や働き方を見つけたらよいのでないでしょうか。挫折を繰り返した人の方が、魅力的で味のある人物になるものです。人生は誰だって初めてなので、ぜひ何事も前向きに考えてみてください。

スポンサーリンク