皇居で花見、一般公開はいつ?2016年の見頃と乾通り一般公開時の混雑回避ワザ!

スポンサーリンク

14FotorCreated

皇居周辺は、他のお花見会場と違って、スポーツも飲酒も禁止されている場所が多く、のんびりとした時間を過ごせる良い場所です。


桜の樹が密集しており、満開時は見とれてしまうほど美しいです!この記事では、乾通り一般公開についても合わせてご紹介いたします。


スポンサーリンク

皇居でお花見!2016年の開花予想は?

PP_sakuranamiki

皇居でお花見と言えば、全長約700mの千鳥ヶ淵緑道の遊歩道に、260本の桜のトンネルができ、北の丸公園にも330本ものソメイヨシノが咲き乱れます。皇居東御苑には、約280本の桜が植えられており、桜の種類によっては、3月上句から桜を楽しむことができます。


ソメイヨシノが中心なので、多くは3月下旬から4月の上旬です。


皇居で花見といえば「乾通り」の一般公開!混雑を回避するには?

photo0000-1074

2014年の一般公開が好評だったことから始まり、2016年の乾通りの一般公開も決定していますが、通り抜けができる時間帯は、午前10時から午後2時30分までで、宴会などは不可ですが、76本の桜並木を眺めながら歩くことができます。


混雑を回避する手ですが、閉門間近になると、やはり入り口付近は閑散としていますので、閉門近くに行くのも混雑を回避する一つの手でしょう。もしくは、開門30分前を目安に出かけるのもよいかもしれません。


狙うなら初日がよいかもしれません。公開間近にならないと分かりませんが、あまり情報が浸透していなければ、情報公開不足で、初日は人の数も比較的に少ない可能があります。


しかし、2016年の春を逃すと、工事のために2018年の春まで桜並木を眺められない可能性があるので、2016年は2015年よりも多くの人が来るかもしれないので、注意してくださいね。

スポンサーリンク

一般初公開(2014/04/04)/皇居・乾通りの桜並木⑮
https://www.youtube.com/watch?v=FZoc5O8FimQ

皇居の中でシートを広げてお弁当が食べれるって本当?さらに、自撮り棒はOK?

picnic-977866_1280

皇居前広場や北の丸公園、千鳥ヶ淵公園などでシートを広げて、お弁当を食べることが可能です。シートを留めるピンの使用は禁止となっており、場所取りだけのシートの放置も禁止となっています。


皇居東御苑内の場合は、ベンチに座って、お弁当を広げている人が多いようです。皇居周辺はどこも、ごみは自分で持ち帰るのがルールですので、しっかりと持ち帰る様にしましょう。


自撮り棒は、当然ながら、乾通りの一般公開では禁止されていますが、公園での使用は問題ないようです。周囲の人の迷惑にならないように気を付けて、使用してくださいね。


本当は教えたくない!皇居周辺で桜を見ながらランチが楽しめるレストラン!

 

フレンチレストラン アルゴ

皇居周辺にあり、桜並木を眺めながらランチができる、本格フレンチレストランです。美しい料理と桜のコラボが大人気で、お花見シーズンになると、ランチは事前に予約をしていないと、食べに行けません!


小学生以下の入店は拒否しており、ドレスコードもあるので、ある程度おしゃれをして行かれてくださいね。


フレンチレストラン アルゴ



【最後に】

KAL92_cyouchintosakura20120410

皇居や九段下、千鳥ヶ淵周辺は、桜の名所として名高い場所です。都心にありながら、緑と淡いピンクのコントラストが美しく、外国人にも人気があるスポットです!


まだ、皇居周辺でお花見をしたことがない方は、乾通りの一般公開も決定していますので、足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク