水戸梅まつりin2016!見頃は?駐車場情報と渋滞情報!

スポンサーリンク

春の訪れが待ち遠しいこの時期に開花の時期を迎えるのが、奈良時代には春の花といえば桜ではなく梅を指していたくらい、古来から日本人にはなじみの深い花です。


そんな梅を愛でるのにぴったりなのが、水戸の偕楽園で毎年行われ、多くの観光客を集めている水戸梅まつり。その魅力はいったいどこにあるのか、探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本最大級!水戸梅まつりとは?


2016年の梅まつりは2月20日(土)~3月31日(木)の期間、水戸の偕楽園(〒310-0912 水戸市見川1-1251 )・弘道館で開催されます。

水戸の梅まつり

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3212.4913587046267!2d140.44734746475007!3d36.37309744932511!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0000000000000000%3A0x1d7633952841b991!2z5YGV5qW95ZyS!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1448715375586&w=680&h=480]


会場となる偕楽園は金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられており、江戸時代天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により、領民の休養の場所として開園されました。


偕楽園には約100品種3,000本もの梅が植えられており、様々な品種があるため「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができます。


また、偕楽園では日本三名園の中で唯一、入園無料で梅を楽しむことができます。

梅まつりのきっかけは明治29年、水戸・上野間の鉄道開通を機に、観梅が運行されたこと。期間中は、野点茶会、夜の偕楽園「夜・梅・祭」など、さまざまな行事が行われ、市民や観光客など、多くの方でにぎわいます。


地元の人に聞いた!梅まつりの見頃とベストスポット!


偕楽園の梅は早咲き、中咲き、遅咲きの様々な種類があり、期間中は長期にわたって梅を観覧することができます。こちらの動画では2015年の3月上旬に見られた、早咲きから中咲きの梅を紹介しています。

2015.3.4撮影 第119回 水戸の梅まつり 梅花いろいろ
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=CBFbwRTTW9o&w=640&h=360]


ちなみに、昨年は3月の半ばに開花80%、3/22にほぼ満開となっていました。

詳しい開花情報は「今日の偕楽園」のHPで都度お知らせされていますので、予定を立てるときにお役立てください。


梅まつりの期間中に開催されるイベントで特に人気なのが、[夜・梅・祭]。夜・梅・祭は、日本三名園の一つである水戸偕楽園および隣接する常磐神社で一年に一度開催される一夜限りのお祭りです。

当日はキャンドルディスプレイによるライトアップで、梅の木がほのかな明かりで照らされとてもロマンチック(デートにぴったり!)。

他にもお茶会や表門から出発するナイトウォーク、夜・梅・祭でしか見られない常磐神社能楽殿でのステージなど、一夜限りの楽しみがたくさん。西門広場に出現するフードエリアでは、地元ならではの美味しい食材を楽しむことができます。 


そして夜9時ごろのフィナーレにはスターマイン花火もあがります。詳しい日程・イベントの詳細は夜梅祭公式サイトをご参照ください。


幻想的に浮かぶ梅の花 偕楽園「夜梅祭」
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=yk6SP11cvzw&w=640&h=360]


車で行く梅まつり、駐車場はある?渋滞は?

Parking

梅祭りの期間中の偕楽園周辺の道路は渋滞がひどいですし、駐車場も大変込み合います。この期間は普段は無料の駐車場も有料駐車場となるところもあります。

車で行かれる方は、土日はとても混むので、現地に9時くらいに着けるようにいくか、15時過ぎくらいに行くのがお勧めです。15分位歩くのが苦でない方なら、水戸駅付近にはコインパーキングがたくさんあります。


とはいえ、偕楽園の梅が見ごろとなる時期は大勢の観光客が押しかけます。周辺道路は駐車場へ入る車の列が原因で大渋滞となって、駐車場に入れるまでにどのくらい待つのか見当がつかないほどです。できれば、バスやタクシーなどの公共交通機関を利用する方が賢明といえるでしょう。

(参考:偕楽園 交通案内と駐車場 http://www.kairakuen.u-888.com/park/kairakuen_map.htm)


梅まつりのもう一つの顔!梅酒まつりとは?


梅まつりを訪れたら観梅とあわせてぜひ楽しみたいのが、「全国梅酒まつりin水戸」です。

会場は偕楽園隣接の「常盤神社」境内常陸神社: 住所 茨城県水戸市常磐町1-3-1)で行われるこのイベント。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3212.422282449302!2d140.45371131475005!3d36.37477009923197!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0000000000000000%3A0x624dedbe492d9311!2z5bi456OQ56We56S-!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1448716216373&w=680&h=480]


全国の酒蔵から出展した御自慢の「梅酒」を好きなだけ試飲できるとあって、毎年大盛況です。そのほかにも、梅酒のカクテル、梅酒に合う料理とのマリアージュ、全国の梅酒即売会、梅酒の様々な飲み方での飲み比べなど内容は盛り沢山です。

チケットは当日券、前売り券(ネットで購入可)「全国の梅酒飲み比べ(メインイベント)」に比較的、待ち時間が少なく入場できるファストパスチケット(ネットで購入可)も販売。

詳しくは「全国梅酒まつりin水戸」をご参照ください。


第3回 全国梅酒まつりin水戸
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=ww2ARWzbjms&w=640&h=360]


【最後に/まとめ】


いかがでしたか?観梅だけでなく、ライトアップされた夜の公園を散策したり、地元の名産を楽しんだり、はたまた梅酒の飲み比べをしたり、さまざまな楽しみ方ができる偕楽園。この春一番のお出かけに、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク