妊婦だけど花粉症の薬は飲んでいいの!?漢方はOK? 妊婦の花粉症対策まとめ

スポンサーリンク

01

春の訪れが待ち遠しく思われる今日このごろ。しかしそんな春の到来に気が重くなってしまうのが、花粉症に苦しむ人たちです。

本格的な花粉症シーズンになる前に病院で薬を処方してもらうという方も多いことでしょう。しかし、薬の服用に制限がある妊婦さんはどのように花粉症シーズンを乗り切ればよいのでしょうか?


スポンサーリンク

妊婦で花粉症だけど、薬は飲んでもいいの?


現在、日本人の約20%が花粉症患者といわれており、花粉症の妊婦さんも多いものの、治療に苦労することが少なくありません。 特に、妊娠4週5日から妊娠7週末まで(絶対過敏時期)は赤ちゃんの原型である胚は非常に敏感です。薬は細心の注意をして使用するべきです。


妊娠中は使える薬が限られてくるため、点鼻、点眼などによる局所の治療が主体になります。
(注:自己判断で市販の点鼻薬や目薬を使用することはおすすめできません。まずは鼻の正確な診察のできる耳鼻咽喉科専門医に相談し、アドバイスや治療を受けることをおすすめします。)


抗アレルギー(抗ヒスタミン)剤は妊婦さんに対する安全性が確立されていないので、妊娠初期の段階では内服薬の使用は避けるようにアドバイスされることが多いようです。

代替として、漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を用いることもあります。これは、気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められている漢方薬です。


妊婦の花粉症治療は、症状、アレルギーの種類、妊娠週数を考えて選択することが特に重要となります。普段以上に医師の判断が必要になると言えます。

(参照:堀産婦人科  http://www.hori3541.or.jp/colmn/vol08.html)
(参照:福井新聞 http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/medicaldoctor/20355.html)


そもそも妊婦さんは薬は飲んでもいいの? 漢方ならOKなの?

02

妊娠中に服用を避けるべき薬剤はいくつかありますので、これから妊娠を考えている人や妊娠が分かった人は、できるだけ早くに主治医と服用薬について相談しましょう。


妊婦にとってリスクがある薬剤であっても、特に何かの病気があってその治療のために必要であれば、自己判断で薬を中断してしまうとかえって母体にも赤ちゃんにも危険を及ぼすことがあります。

もともとの病気のコントロールすることが妊娠の維持には重要です。複数の薬を用いている人は種類を減らしたり,より安全性の高いものに変更するなどの工夫をすることで,危険性を減らすことができます。

(参照:日本産婦人科医会
http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/kusuri.htm)


また、漢方薬についてですが、一般的には漢方薬には“副作用がなくて安全”というイメージがあり妊娠中のトラブルに好んで使われます。

2000年以上の歴史による淘汰を受けてきた薬であるために有効性と安全性の高いものが生き残り、多くの漢方薬が妊婦、胎児に対して比較的安全と考えられています。

最近では産科領域で用いられる漢方薬も他の分野と同じく西洋医学的な裏付けが数多くなされつつあり、幅広く用いられています。

とはいえ、主治医に相談の上、慎重に用いるようにしましょう。

(参照:堀産婦人科  http://www.hori3541.or.jp/colmn/vol08.html)


なるほど!先輩ママの妊婦時代の花粉症対策!

03

それでは、つらい花粉症の季節を先輩ママはどう乗り切ってきたのでしょうか?


1 花粉をひたすらガード派


「点鼻薬は使わず、たまに目薬、鼻洗浄、マスク、メガネのみでひたすら耐えました。とっても辛かった!!」

「清浄機をガンガンたいて寝る時はマスクをして寝てます。」

「1.かゆくてもなるべく目や鼻は掻かない。 2.布団や洗濯物は外に干さない。 3.窓を開けない。 4.空気清浄機を付ける。 5.外出時には眼鏡、マスクを!


2 漢方薬や点鼻薬・点眼薬を使用派


産婦人科で漢方を処方してもらいました」

「妊婦でも使用可能の点媚薬と目薬を婦人科でだしてもらいました

妊婦検診時に相談したら、予想外に簡単に薬を出してもらえました。ツムラの小青竜湯(鼻炎用漢方)、プリビナ液(鼻つまり時の点鼻薬)、インタール(点眼薬)です。これらの薬は妊娠中でも服用可なものなんだと思います。」


3 その他 


「私のお薦めは『レーザー治療』です。レーザーで鼻粘膜を焼くのですが、この治療のおかげか、全く薬を使わず無事花粉症時期をやり過ごしました。

腸内環境を良くする。ヨーグルトを食べ、ナマ物(野菜も)、肉食を控えます。刺激物も控えめに。


もちろん、すべての花粉症対策が「①ひたすら花粉をガード」を前提としていることは間違いありません。妊娠中は特に気をつけたいですね。


花粉症は遺伝をしてしまうのか、調べてみた

04

両親ともに花粉症などのアレルギーを持っている場合と、一方の親だけがアレルギーを持っている場合を比較すると、前者のほうがなんらかのアレルギーの素因をもったお子さんが生まれるリスクが高くなることが、数多くの研究から明らかになっています。

しかし、「アレルギー症状を起こしやすい体質」は遺伝しやすいのですが、原因物質や症状まで同じであるとは限りません。花粉症に限らず、家族にアレルギー体質のかたがいらっしゃる場合は積極的に予防策を実践していくといいでしょう。

また、お子さま本人に既に食べ物のアレルギーやぜんそくがある場合も、花粉症発症のリスクは高くなりますので、予防を心がけるとよいでしょう。

(参照:Benesse 子育てインフォ
http://www.shimajiro.co.jp/kosodate/clinic/topics/10.shtml)


【最後に/まとめ】

 

妊娠中は普段と体調管理の方法が大きく変わってくるため、不安に感じられることも多いと思いますが、自分で判断せずに早めに医師に相談することで対処法も分かり、ストレスも軽減されるでしょう。

妊娠中に限らず、花粉症などのアレルギーは一度一生付き合っていかなければならないもの。賢く上手に乗り切っていきたいものです。

スポンサーリンク