ノロウイルスの潜伏期間とは?家族が発症したらするべきことと、予防策!

スポンサーリンク

noro-1

毎年冬になるとニュースで繰り返し聞かれるようになるノロウイルスによる集団感染。子どもやお年寄りだけでなく、働き盛りの大人でも感染による深刻な症状に苦しむ人が珍しくなくなってきました。この記事では、ノロウイルスの概要、感染した場合の症状と対処法、そして予防策について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

そもそもノロウイルスとは? 潜伏期間は?


ノロウイルスに関する概要をまとめます。

○人の小腸粘膜で増殖するウイルス
主に11月から3月にかけて多く見られる
潜伏期は1日から3日
○感染すると胃腸炎をひき起こす。症状は吐気・嘔吐や下痢、腹痛など発熱は軽度で、多くは1日から2日で改善する
感染力のとても強いウイルスで、保育園や高齢者施設など集団生活の場では集団発生を引き起こしやすい


感染経路は主に3つです。
(1)人から人への感染
ノロウイルス感染者の吐物・便の中にノロウイルスが含まれています。ウイルウスが手などについて口から感染する場合や吐物の飛沫から感染する場合があります。

(2)人から食品、そして食品から人への感染
食品取扱者の手を介してウイルスが食品につき、それを食べて感染することがあります。

(3)食品から人への感染
生や中心部の加熱が不十分なカキなど、二枚貝を生で食べることによって感染します

(参照:東京都福祉保健局 東京都多摩小平保健所
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tamakodaira/kansen/noro.html)


2度と経験したくない!!と誰もが思う、ノロウイルスの恐怖の威力とは?

noro-2

 ノロウイルスに感染すると、ひどい嘔吐や下痢の症状が1~2日間ほど現れます。ノロウイルスを実際に体験した方の、重い症状の発生例を見て見ましょう。

4才 女児の場合

1日目深夜に4度嘔吐しました。診察を受けると感染性胃腸炎と診断されました。
水はペットボトルのキャップほどを、小分けに時間を空けて与えると教わりました。

2日目の朝から、40℃の発熱があり、ほぼ意識がない状態が丸1日続きました。何も口にできないので点滴を。
しかし、3日目には嘘のように回復。

アレルギーや喘息持ちで、病弱な娘ですが、今までの病気の中で一番辛そうで、今後の予防を考えさせられました。


30代 女性の場合

起床の際に起き上がれないほどの吐き気・嘔吐・腹痛により個人病院にかかり、検査と触診により総合病院に紹介状を出されました。

そのままタクシーで向かった総合病院では、待合室の長いすから動けず、待ち時間の間に簡易ベッドで寝かされ、そこで採血と点滴を行いました。検査の後、そのまま入院することなりました。

入院してからは、点滴でした。嘔吐が激しかったため、輸液にブドウ糖や痛み止め等の薬剤の混ざったものを入れ続け、それを口から吐き出すことを約2日ほど続けました。



また、ノロウイルスの感染が死亡の直接的な原因になることは少ないものの、間接的原因となってしまう例もあるようです。特にお年寄りは要注意です。

次の事象をご覧ください。


93歳 女性の場合


「2月12日夜から14日にかけて、施設の入所者、職員に下痢・嘔吐症状を呈しているものがいる。」と保健所へ連絡が入った。
同日、保健所職員が施設を訪問し、聞き取り調査を実施。

2月15日(火曜日)、3名の患者から採取した検体のうち2検体からノロウイルスを検出

2月16日(水曜日)、当該施設から「本日、嘔吐した入所者が誤嚥性肺炎で入院した」との連絡が保健所に入った。

2月17日(木曜日)午前9時、当該施設より「入院中の患者が2月17日午前1時58分に死亡した」との連絡を受けた。医師の診断によると、直接死因は肺炎、影響を及ぼした疾病はノロウイルスによる急性胃腸炎であった。


ノロウイルスに家族がかかってしまったら真っ先にすることリスト

noro-3

ノロウイルスに特効薬はありません。症状の持続する期間は短いですから、その間にできるだけの処置をしておきましょう。


感染者に対して行う処置


○脱水にならないように、できる限り水分の補給をしましょう

乳幼児や高齢者は脱水症状を起こす場合があるので、場合によっては病院で点滴をしてもらいましょう

抗生物質は効果がありませんし、下痢の期間を遷延させることがあるので、ノロウイルス感染症に対しては通常は使用しません

吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が一般的です。下痢が長びく場合には下痢止めの薬を投与することもありますが、最初から用いるべきではありません。


二次感染を防ぐための処置


おう吐物・下痢便の処理
 ノロウイルス感染症の場合、そのおう吐物や下痢便には、ノロウイルスが大量に含まれています。そしてわずかな量のウイルスが体の中に入っただけで、容易に感染します。

 塩素系の消毒剤(商品名:ピューラックス、ミルトンなど)や家庭用漂白剤(商品名:ハイター、ブリーチなど)を使ってしっかり消毒するようにしましょう。


汚れた衣類などの洗濯
 おう吐物や下痢便などで汚れた衣類は大きな感染源です。そのまま洗濯機で他の衣類と一緒に洗うと、洗濯槽内にノロウイルスが付着するだけではなく、他の衣類にもウイルスが付着してしまいます。

 おう吐物や下痢便で汚れた衣類は、マスクと手袋をした上でバケツやたらいなどでまず水洗いし、更に塩素系消毒剤(200ppm以上)で消毒することをお勧めします。

(参照:国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-a.html)


恐怖のノロウイルスに感染しないためにはどうしたらいいの?

noro-4

学校、職場、施設内でノロウイルス感染によるおう吐・下痢症が発生しても、その最初の発端は家庭内での感染による場合が多いです。特に子どもや高齢者は健康な成人よりもずっとノロウイルスに感染し、発病しやすいですから、家庭内での注意が大切です。

1. 最も重要な予防方法は手洗いです。帰宅時、食事前には、家族の方々全員が流水・石けんによる手洗いを行うようにしてください。

2. 貝類の内臓を含んだ生食は時にノロウイルス感染の原因となることを知っておいてください。高齢者や乳幼児は避ける方が無難です。

3. 調理や配膳は、充分に流水・石けんで手を洗ってからおこなってください。

(参照:国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-a.html)


【最後に/まとめ】

 

重い症状に苦しめられ、二次感染も広がりやすいノロウイルス。感染してしまったとしても正しい知識があれば影響は最小限に抑えることができます。落ち着いて対処するように心がけましょう。

スポンサーリンク