浅草朝顔市in2016!東京の七夕は朝顔市!浴衣で粋にでかけよう!

スポンサーリンク

asaFotorCreated

毎年七夕の3日間に開催される入谷朝顔市は、「浅草朝顔市」とも呼ばれています。いかにも「日本の夏」という風情のある市です。朝顔と言えば、浴衣でもよく使われるモチーフですよね。朝顔柄の浴衣で朝顔市をめでるという楽しみ方もできますね!朝顔市についてまとめました!


七夕2016関連記事はこちら!

浅草ほおずき市2016!開催時間は?江戸っ子の粋を感じる見どころとは?
織姫衣装の作り方!もうすぐ七夕!七夕祭りは手作り衣装で参加しよう!
七夕飾りの作り方を全部解説!おりがみで子供と一緒に作れる七夕飾り!
平塚七夕まつり2016!駐車場情報と地元民が教える見どころまとめ!
夏の大三角形と冬の大三角形が肉眼で最も美しく見える場所は?時期は?

スポンサーリンク

浅草朝顔市とは? 由来と歴史

朝顔は奈良時代に遣唐使が中国から日本へ持ち込み伝えられました。当初は「牽牛子(けんぎゅうし)」や「牽牛花(けんぎゅうか)」と呼ばれていました。「牽牛」と言えば七夕の彦星のことですよね。


当初、日本では朝顔は薬草として用いられていました。観賞用として楽しむようになったのは江戸時代からです。江戸時代に、入谷の植木屋が朝顔を作るようになりました。花粉の交配によってできた変わった形の朝顔が人気を博し、一番多い時では1000種類以上の朝顔があったといいます。

入谷の朝顔市は明治時代になっても、交通規制を行う必要があるほど、にぎわっていました。しかし、大正に入ると縮小され、植松と言う植木屋を最後に入谷から姿を消してしまいました。


昭和23年、戦後のすさんだ日本を少しでも明るくしようと、地元有志の人たちと、下谷観光連盟の協力で復活したのが、入谷の朝顔市です。朝顔の別名「牽牛花」という名前にちなんで、七夕の前後3日間に行われます。2016年は7月6日(水)から8日(金)までです。






朝顔市の見どころ 浴衣で行く人は多いの? 混雑状況は?

朝顔市は朝5時から夜11時まで開催されています。朝顔ですので、花をめでるなら朝がオススメです。浴衣で朝顔市をぶらぶらするのも優雅で夏らしいですよね。



浅草朝顔市は、入谷鬼子母神を中心に120件の朝顔を販売する店や、100件の露店が出ます。毎年40万人もの人でがあるそうです。

朝顔市のピークは午前7時ごろです。朝顔がちょうど開花しているので、朝顔を買うならこの時間に行く方がよいでしょう。混雑が嫌な人は少し早目に行きましょう。

スポンサーリンク

屋台を楽しみたいという人は、夕方に訪れてビール片手に浴衣でそぞろ歩きというのもオツですね。


入谷朝顔まつり(朝顔市) 東京都台東区の入谷鬼子母神前



入谷朝顔市



朝顔はどうやって育てる?

朝顔は水を好む花です。土が乾いたら鉢底から水が出るくらいたっぷりを水やりします。逆に土が湿っている時は、水をやらないのがコツです。特に夏場は朝と夕方の2回水やりを行いましょう。


日当たりの良いところで育てます。よく、朝顔がすだれにもたれかかっているようなイメージがありますが、それくらい日光が大好きな花です。半日陰では成長が悪くなるので、できるだけ日当たりが良いところにおきましょう。


1週間に1回液体肥料をあげて、水を切らさなければ、次から次へと花を咲かせます。




朝顔と昼顔、夕顔、夜顔の違いは?

朝顔の他にも昼顔、夕顔、夜顔とあります。朝顔と昼顔、夜顔はヒルガオ科です。ヒルガオは朝顔と同じく朝咲きますが、昼になってもしぼみません。夜顔は夕方に咲いて朝になったらしぼんでしまいます。夕顔も夕方に咲くので「夕顔」と言いますが、これはウリ科に属します。「朝、昼、夕、夜」と4種類あるのがジョークのようですね。


朝顔:ヒルガオ科

3FotorCreated

昼顔:ヒルガオ科

hiruFotorCreated

夕顔:ウリ科

yuFotorCreated

夜顔:ヒルガオ科

9FotorCreated

【まとめ】

入谷朝顔市は浅草寺ほおずき市とならんで、東京の夏の風物詩です。朝早くから夜遅くまで楽しめるので、浴衣でぶらぶら出かけてみてくださいね。


スポンサーリンク