節分保育園の制作!鬼のお面・衣装・豆入れ!園児と一緒に作ろう!

スポンサーリンク

鬼は~外、福は~内♪そう、子供たちが好きな行事の一つ、節分です。節分の時期には鬼のお面や鬼の衣装など、保育園での制作活動が必ずありますよね。


そこで今回は、保育園での節分制作に欠かせない鬼のお面や衣装、豆入れの簡単な作り方をご紹介します。保育園にあるもので簡単に出来てしまいますよ♪さらに、子供たちの節分に関する「なんで?」にしっかり答えられるよう、節分の意味や鬼、なぜ豆まきをするのか、子供にもわかるような説明をご紹介したいと思います。

 
スポンサーリンク

【保育園で節分制作! 1:鬼のお面の作り方!】

節分の豆まきには欠かせない鬼のお面。色画用紙があれば簡単にできます。各パーツを準備すれば、子供たちも一緒に作ることができますよ♪福笑いのように、子供たちも楽しんで制作できるはず。


〈用意するもの〉
・色画用紙
・のり
・はさみ
・輪ゴム


〈作り方〉
1.色画用紙を各パーツに切る。パーツは鬼の顔の輪郭、髪、つの、目、頬、きばなど。
2.福笑いの要領で各パーツをのりで貼っていく。この工程は子供たちと一緒でも。
3.各パーツを貼り終わったらお面の後ろに輪ゴムを通したベルトをつければ完成!


材料は全て保育園の工作などで使用する色画用紙、輪ゴムなどなので、保育園にあるものでできてしまいます。特別に用意するものはありません。制作時間も、数によりますが、パーツを準備する段階で1時間程度、貼り付け作業は子供と一緒でも30分ほどでできるかと思います。


鬼の型紙などはこちらのサイトを参考にしてみてくださいね。
⇒手づくりファクトリー お面のテンプレート素材ダウンロード プリントアウトファクトリー



【保育園で節分制作! 2:鬼の衣装の作り方!】

続いては鬼の衣装に欠かせない、鬼のパンツ。保育園で「鬼のパンツ」を歌っているところも多いのでは?鬼のパンツの制作、子供たちもきっと喜ぶと思いますよ♪


〈用意するもの〉
・黄色画用紙
・輪ゴム
・はさみ
・黒マジック


〈作り方〉
1.股の部分を三角に切り取る。(この工程を省いて、スカート型にしてもOK)
2.黒マジックで虎模様を描く。
3.輪ゴムを通し、ベルト部分を作る。
4.ベルト部分をパンツに固定して完成!


こちらに画像つきで作り方が載っているので参考にしてみてください。
⇒鬼のパンツ|簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑



こちらも色画用紙と輪ゴムで出来てしまうので簡単です。色画用紙なので、ポリ袋や布で作るより簡単にできますよ♪
虎模様を描くのが少し面倒ですが、1時間もあれば模様も描けるのではないでしょうか。


【保育園で節分制作! 3:豆入れの作り方!】

豆まきに欠かせない豆入れも作りましょう!牛乳パックを使った豆入れならアレンジ次第で色々な豆入れになりますよ♪ここでは持ち手付きの豆入れをご紹介します。

スポンサーリンク

〈用意するもの〉
・牛乳パック
・色画用紙
・デザインに必要なもの(折り紙、マスキングテープ、シールなど)


〈作り方〉
1.持ち手部分とふたの部分を残し牛乳パックを切る。
2.画用紙にデザインする。この工程は子供たちと一緒でも。
3.牛乳パックにデザインした画用紙を貼り付ける。
4.持ち手部分をそり返し、牛乳パックの底に貼り付けて完成!


こちらに画像付きで作り方が載っているので参考にしてみてください。
⇒ 牛乳パックの豆入れ!節分の製作 | 男性保育士あつみ先生の保育日誌 …



持ち手部分をなくし、側面に穴をあけ紐など通して肩掛けにするのもいいですね。ふたの部分に画用紙で作った鬼を貼ったり、デザインも黄色画用紙にして虎柄を子供たちに絵具などで描かせるなどアレンジも自由自在です。
材料の牛乳パックは子供たちに準備してもらえば、保育園にあるもので製作できますよ♪
牛乳パックをカットする作業が少し大変ですが、1時間ほどで出来るのではないでしょうか。


【節分をどうやって園児に説明する?なぜ豆をまくの?】

「なんで?」が口癖の子供たちに節分の説明をするのは一苦労。子供にもわかる節分の説明の仕方をご紹介します。
まず「節分」について。季“節”の“分”かれ目という意味で「節分」と言います。
立春の前の日が節分になります。子供たちに教えるときは、「季節の分かれ目っていう意味なんだよ。」と教えるといいと思います。


ちなみに、季節は4つなので、節分も本来4回あるはず?と思われた方もいるかもしれませんね。昔は立春が1年の始まりとされていたため、1番大きな変わり目ということで、立春の前日である節分が現在に残ったのです。そして節分にやってくるとされる「鬼」ですが、これは災害や病気をもたらす悪いことの象徴。本当の鬼というわけではないんです。


そしてこの悪いことをもたらす「鬼」は季節の変わり目にやって来やすいとされていたため、節分の日に豆をまいて鬼退治をするのです。


なぜ「豆まき」なのかというと、豆には昔から邪気を払うパワーがあると信じられていたから。


また、はるか昔、京都の山に鬼が出ていたころ、毘沙門天のお告げにより豆を投げ、鬼を退治したという話も。さらには豆を「魔目(魔物の目)」に投げて「魔(ま)を滅(め)しよう」という語呂合わせからきたとも言われています。とにかく、子供に説明するときには

「季節の変わり目には悪いことを起こす鬼がやってくるんだよ。
だから悪い鬼をやっつけるのに豆まきをするの。豆には悪いものをやっつけるパワーがあるからね。」


と教えてあげるといいでしょう。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。子供たちも好きな鬼のお面や衣装、豆入れ、ぜひ保育園の制作で子供たちと楽しくできるといいですね。
節分の説明もちょっと難しい部分もありますが、各年齢の子供たちの理解力に応じて説明してみてください。
節分や豆まきの意味も知って、楽しい節分にしてあげられるといいですね♪

スポンサーリンク