マザー牧場の菜の花開花状況2017は?例年は2月中旬から4月中旬まで!

スポンサーリンク

「マザー牧場」という、都心近くでありながら季節の花や動物と親しめる場所をご存知でしょうか。
千葉県の鹿野山という場所にあり、子どもから大人まで自然と親しみながら楽しめる観光牧場です。
ひつじの行進や乳牛の乳搾り体験、アヒルの大行進など、都会では味わえない楽しさがいくつも用意されています。


そんなマザー牧場なのですが、菜の花も有名です。
マザー牧場の菜の花は350,000本と多く、場内の全域が黄色く華やかに彩られます。
菜の花は開花が2月からと早く、まだ寒い季節から花を楽しむことが出来るのです。


マザー牧場の菜の花について、詳しい情報を仕入れて見に行ってみませんか!


スポンサーリンク

【マザー牧場の350,000本の菜の花の見頃は?】

001

マザー牧場の350,000本もの菜の花は、2月中旬頃から見頃になります。
もちろんその年の寒さなどにも影響されますが、こんなに早くから菜の花をたくさん見られるなんて嬉しいですね!


菜の花がどのように場内に咲いているかなどは動画が分かりやすいので、ぜひこちらでご確認ください!


マザー牧場 菜の花 2014


開花状況についてはマザー牧場公式ツイッター(@motherfarm)で随時更新とのこと、見頃の季節が近づいたらぜひこちらでご確認ください!


これだけの敷地を持つマザー牧場なので、やはり土日は混雑しています。
飲食系は特に混み合いますので、お昼の時間をずらすなど多少考えておいたほうが良さそうです。
またレストランで食べるのではなく、お弁当を持っていくのも楽しいと思いますよ!


駐車場は複数あるのですが、一番近くのまきば駐車場はすぐに満車になってしまいます。
とはいえ山の上駐車場、また西駐車場の入り口近くにもレストランや遊び場は充実していて、むしろこちらから先に回るという感覚でそちらを利用すれば良いと思います!


【菜の花摘みもできるって本当?】

002

はい、本当です。
マザー牧場では菜の花を摘むこともできます。


期間は2月上旬から3月下旬まで、料金は一袋(約300g)で300円、場所は奥のフルーツ農園になります。


受付時間は土日祝の9時から16時までなのですが、受け付けは先着順、状況次第では人数制限もありとなっています。
また菜の花の状況次第では開催日や時間が変更になることもありますので、事前に一度電話(0439-37-3211)で問い合わせたほうが安心です。


たくさんの菜の花に囲まれながら菜の花摘みが出来る場所は、そう多くありません。
機会があれば、ぜひ一度体験してみてくださいね!


【菜の花以外で早春のマザー牧場の楽しみといえば!?】

003

菜の花以外にもマザー牧場は様々な楽しみ方があります。


・イチゴ狩り

イチゴ狩りはやり方も簡単なので小さなお子様でも楽しみやすく、またマザー牧場のイチゴ園は通路が広く取られていますので車椅子の方も心置きなく楽しむことができます。
お子様連れの方や車椅子の方など、誰でも楽しめるようになっていますので、ぜひこちらも覗いてみてくださいね。


参加料は一人200円、そして果実代として200円かかります。
イチゴの摘み取りをしなくても入場する方には参加料がかかりますのでご注意ください。
イチゴ狩りの場所もフルーツ農園なので、菜の花とイチゴとどちらも体験するのもありですね!

スポンサーリンク

・ひつじの大行進

約150頭ものひつじが牧羊犬に誘導されて行進する姿を1日1回だけですが眺めることができます。
時間はお昼の12時半から大体15分程度なので、見逃さないようにお気をつけくださいね。


ひつじの大行進という珍しさだけでも十分オススメできるのですが、このイベントの楽しみは行進のあと、柵に入った羊とふれあう時間があることです。
たくさんの羊が牧羊犬に誘導されてまとまって行動する姿、その後のふれあい時間の姿、様々な羊の姿を一気に楽しむことができますよ!


会場はこちらも奥、ひつじの大行進専用のエリアがありますのでそちらまでお越しください。


・うさちゃんモルちゃんだっこ会場

牧場での体験と言えば、やっぱり動物とのふれあいは欠かせませんよね!
マザー牧場では11時から1時間、13時から1時間、それぞれの時間うさぎやモルモットを直接触れ、抱っこできる時間が設定されています。
直接素手で触れるのではなく専用の手袋を着用して触れ合うことになるので、小さなお子様でも安心して触れ合うことができます。


こちらは入り口から少し進んだ場所「うさちゃん・モルちゃんだっこ会場」がありますので、ぜひお時間を合わせて触れ合いに行ってみてくださいね。


・キラキラファーム

マザー牧場では、なんとイルミネーションも展開しています。
定番のイルミネーションや光のトンネルから、なんとスケートリンクまで用意されているのです!
スケートリンクは有料で、天候にも左右されてしまうのでご注意ください。


またこの時期は「ナイト遊園地」として遊園地もライトアップされ、ナイト遊園地の入場+乗り放題セットが大人1800円、子ども1600円で16時から販売されています。
昼間は動物と親しみ、夕方からはイルミネーションの中で楽しむ。
マザー牧場はこんなにも一日中楽しめる場所なのですね!


もちろんマザー牧場ではこれだけではなく、一年中様々なイベントが楽しめます。
詳細は公式サイトで確認出来ますし、季節のイベントなどはぜひ季節に合わせて確認いただければと思います!



【知ってた?マザー牧場の入場が無料になる方法とは?】

004

「ふるさと納税」のことは、詳しくご存知でしょうか。
地方自治体へ寄付をして、そのお礼としてお米や特産物がもらえたりする制度です。


またふるさと納税で寄付した金額はもちろん所得税より環付されますし、翌年の個人住民税にも控除が入ります。


そんなふるさと納税のお礼のひとつとして、千葉県富津市へ寄付をしたお礼に「マザー牧場の入場券&ソフトクリーム」のペアチケットがあります!
こちらのペアチケットは一万円以上の寄付でもらえますので、実質半額ちょっとの寄付でマザー牧場の入場券を手に入れることが出来るのです。


最初にお話した通り、ふるさと納税は行えば行った分税金も安くなります。
そう考えると半額どころか大きく得をすることもありえますので、ぜひこちらの制度を上手に使っていきましょう!


ちなみに申込みはこちらのサイト↓で簡単に行うことが出来ますよ!



【まとめ】

まだ寒い季節ではありますが、一面の菜の花、そしてたくさんの動物達と触れ合えるマザー牧場はとても魅力的です。
営業時間などは時期によって変動しますので、やはり行く前に公式サイトで確認していただくのが一番間違いないと思います。


マザー牧場の楽しみ方は多く、1日では回りきれない程のイベントがあります。
パートナーホテルや宿も用意されていますので、もしご都合があえば宿泊してもっと長く遊ぶのも楽しいのではないでしょうか!

スポンサーリンク