お腹がギュルギュル鳴る!下痢と吐き気!大腸がん!?原因は?

スポンサーリンク

お昼は普通に食べたはずなのにお腹がギュルギュル鳴ったりすると、タイミングによってはとても恥ずかしいですし、どこかおかしいのではないかと心配になりますよね。
授業中や会議中みたいな静かなタイミングでお腹が鳴ったら……素知らぬ顔を決めて誤魔化せればいいですけど、見られてしまうとつらいものです。


もちろんお腹が空いているときはお腹が鳴ることもありますし、そう言った場合は昼食の量や軽めの間食などでフォローしていくしかありません。
またお腹の調子が悪いときも、鳴るのはある程度仕方がないときもありますね。


気になるのは、「空腹ではないし体調も悪くないのにお腹がギュルギュル鳴る」ときだと思うんです。
何でもないタイミングでお腹がギュルギュル鳴る理由はいくつかありますし、場合によっては受診を考えたほうが良いかもしれません。
もちろん体調が悪い、胃腸の調子が悪くてギュルギュル鳴っているときはやっぱり困りますし、少しでも早く解消したいものです。


お腹がギュルギュル鳴るメカニズム、またその原因についてお話していきますので、思い当たるところがある方は参考にしていただければと思います!


スポンサーリンク

【お腹がギュルギュル鳴るのはなぜ?】

001

そもそもお腹がギュルギュル鳴る理由は何なのでしょうか。
お腹が空いているときに鳴ったり、何でもないときに鳴ったり……実はこの音は、胃腸が働いているときに食べ物などと一緒に入ってきた「空気」が鳴っているのです。


「食べ物は胃で消化されて腸に送られる」というシステムはご存知だと思いますが、この「消化する」「送る」ときはもちろん筋肉の動きがあります。
これを「ぜん動運動(ぜんどううんどう)」といい、胃腸はこの働きで食べ物を消化し、次へと送っているのです。


胃のぜん動運動はかなり定期的に繰り返されていて、自律神経により動いているので意識的に動かさないようにすることはできません。
食べ物が入ると活発に動くという変化はありますが、常に働いている動きなのですね。
胃の中央より少し下部分あたりからぜん動運動は始まり、胃の中の食べ物を消化するために働きます。


最初は胃の終わり部分(=幽門(ゆうもん)、胃から十二指腸に繋がるところのこと)がしっかり閉じられた状態で胃がぜん動運動を繰り返し、しっかり食べ物と胃液を混ぜてから腸に送られていきます。


この働きは最初にお話した通り自律神経に寄るものなので、胃の中に食べ物がないときでもあるときに比べて活発ではないとはいえ動いています。
このときに胃に入った空気が動くことにより、ギュルギュル・グルグルといった音が発生するのですね。


空気が原因なので、場合によっては何でもないときに鳴るときがあります。
あくびで空気を飲み込みすぎている場合などもありえますね。


普段から何でもないときに鳴らないようにするためには、3食きちんとご飯を食べる……特に朝食をきちんと摂ることが大切です。
空腹だと判断して間食を繰り返すのは長い目で見ると逆効果になり、常に胃腸の動きが活発になってしまうので控えましょう。
また、朝食は出来ればパン食ではなくごはん食を心がけると音が鳴りにくくなります。
パンはそれ自体が空気を含んでいますし、腹持ちという面から見てもごはん食のほうがオススメなのです。


どうしてもお腹が鳴りそうなとき、また鳴ってしまったときの緊急対策としては、大きく息を吸ってお腹をふくらませましょう。
こうすることによってお腹から胃を圧迫し、その圧力で胃のぜん動運動を抑えることが出来ます。


とはいえこれは本当に緊急手段ですし、場合によってはこの行動に集中してしまって会議や授業に身が入らないこともありえます。
「3食きちんと食べて間食は控える」というメリハリのある食生活が一番改善に向いていますので、日頃から注意していきましょう!


【下痢と吐き気! 胃腸からSOSサインかも!】

002

お腹がギュルギュル鳴る理由については分かりましたが、場合によっては気をつけなければならない「ギュルギュル」もあります。
特に下痢と吐き気も感じられるとき、その音は胃腸からのSOSサインかもしれないので注意しておきましょう。


「お腹がギュルギュル鳴る」ということは、ぜん動運動が必要時以外に活発になっているということです。
食べ物がないのに鳴っている場合、その理由として「胃酸が過剰分泌されているから」という可能性があります。


これは「適切な胃腸の働きをしていない」、つまり胃腸の働きが低下していることもあるということにもなりますよね。

スポンサーリンク

胃腸の働きが低下している、食べ物がないのに胃酸が分泌されている場合、過剰に分泌された胃酸により吐き気や下痢などの症状が現れることもあります。
お腹がギュルギュルなってこれらの症状がある場合は「日頃の食生活を見直す」「胃に優しい食べ物を食べる」など、胃腸を労ってあげてくださいね。


またあまりにお腹のギュルギュル音が大きい場合、吐き気や下痢が伴う場合、特に「何日も便が出ていない」などの場合は大きな病気が隠れている場合もあります。
この場合は無理をせず、出来るだけ早めにしっかり検査ができる病院への受診をおすすめします。


【過敏性腸症候群の疑いも。。。。】

003

また同じように「何でもないときにお腹がギュルギュル鳴る」「下痢や吐き気がある」と言った場合に疑われるものとして、「過敏性腸症候群」があります。


これは強い不安感や緊張感、肉体的な疲労などのストレスによって自律神経が乱れて胃腸の働きがおかしくなっている状態で、下痢や場合によっては逆に便秘、そして吐き気など不快な症状が現れます。
こういった症状がなく、ただ単に「お腹が気持ち悪い」と言った場合もあります。


過敏性腸症候群の困った点は、原因がストレスなどの自律神経の乱れにあるために胃腸の検査をしても原因が分からないところにあります。


「あまりに胃が痛いから検査してもらったのに健康そのものだった」という経験や、そういった内容を人から聞いたことがある、という方は多いのではないでしょうか。
原因が分からないため受診しても「問題ありません」と言われてしまい、途方にくれることになるのです。


胃酸の過剰分泌や胃腸の働きが低下していることに原因があることは確かなので、市販の胃腸薬・整腸剤がうまく作用するときもあります。
またもちろん胃腸を労ることも大切なので、冷たいものや辛いもの、カフェインやアルコールといった胃腸を刺激するものは控えるようにしましょう。


それでも治らない、痛みが激しい場合は無理をせず、病院を受診してくださいね。


過敏性腸症候群を治すには朝の食事に気をつける


【呑気症の可能性もあり。】

004

「お腹がギュルギュル鳴る原因は空気」と最初にお話しましたが、この空気を過剰に飲み込んでしまう「呑気症(どんきしょう)」という症状があります。
正式名称を「空気嚥下症(くうきえんかしょう)」といい、空気を過剰に飲み込んでしまうので、もちろん胃の中にも空気が溜まりやすくなってお腹がギュルギュル鳴るのです。


体内に余計な空気が多く入るので、結果的にゲップやおならといった形で出ることもあります。
日頃からゲップやおならが多い方は気をつけたほうが良いかもしれませんね。


空気を飲み込みすぎているとお腹の違和感や不快感が続きますし、「日頃からお腹が張りやすい」と思っている場合もあります。
呑気症の原因はストレスと言われていて、不安や緊張を感じたときに無意識に空気を多く飲み込んでしまっているのです。


無意識に飲み込んでしまうものを気をつけるのは難しいですから、それよりはストレスの軽減や解消を考えましょう。
「職場でストレスを感じているから解消出来ない」というような場合でも、身体と心を休めるリラックスタイムを作ることで日頃の全体的なストレスを軽減することは可能です。
もちろん直接の原因を「深く考えない」「気持ちを切り替える」などでうまく調節していければ何よりですね。


【まとめ】

お腹がギュルギュル鳴る原因はそれだけでは特定しにくいので、まずはご自分の状態とよくある症状を見比べてください。


何でもないときでも、やっぱり適切なタイミング以外でお腹が鳴るのは胃腸の機能低下などが疑われます。
本文でもお話しましたが、胃腸にとって一番良いのは「きちんと3食摂る、間食は控える」という食生活です。
もちろん過剰に胃腸を刺激するような冷たいものや辛いもの、アルコールなども摂りすぎないことが大切ですね。


また、1日だけのサイクルで見るのではなく数日のサイクルで食べ物を合わせておくのも大切です。
前日が飲み会でアルコールや脂っこい食事が多かったという日は、その日の食事は胃腸に優しいものにしたり野菜を多く摂りましょう。
「無理をさせたあとは休ませる」これだけでも胃腸の調子を整えることは可能です。


あまりにつらいときは無理をせず病院を受診することも大切です。
身体のサインをしっかり受け取り、元気に過ごせるように注意していきましょう!

スポンサーリンク