生姜にカビが!削れば食べられる?野菜についたカビは食べても安全なの?

スポンサーリンク

生姜は使いたい料理も多く、「あの独特の香りや辛味が好きでしょっちゅう買ってる!」という方も多いですよね。
チューブでもありますが、やっぱり食べる直前に準備した生姜は別物です。


でも生姜って、一度にたくさん使うことってあまりないんですよね。
ほんのちょっとずつ使うことになるので、冷蔵庫に入れっぱなしになることも多くなります。
そして気づいたときにはカビが生えていて……がっかりしたこともありますよね。


もう覆うようにカビがついているのならさすがに諦めもつきますが、ちょっとだけならその部分を削いで食べることだって考えたいものです。
ちょっとしか使わないのだから、せめて離れた部分で今回だけでも……と思うこともありますよね。


というわけで、カビが生えた生姜などは食べても良いのか、どうすれば食べられるのかなどを調べていきましょう!


スポンサーリンク

【野菜にカビが!そもそもカビって何?なぜ生えるの?】

01

生姜など野菜を冷蔵庫にしまっておくと、どうしてもカビが生えることがあります。


実は色の種類だけでカビを判断することはむずかしく、生え方や密集度合いによって変わることもあります。
生姜など野菜はどうしても水分や菌が多く生息していて、カビの菌が活動しにくい冷蔵庫内といえど完全に停止しているわけではないんですね。


「白カビは食べても問題ない」など言われることもありますが、実際のところ少量食べたくらいでは健康被害は起こりません。
「カビは危険なもの」と思いがちですが、少量の場合は消化の過程でカビ菌も消されているのでさほど問題はないのです。


カビ菌は食品だけではなく、布や紙、畳などあらゆるところに生息しています。
日本はそもそも温暖多湿のため、カビが育ちやすい環境が整っているのですね。


カビ菌は真菌類……つまり、酵母やキノコの仲間です。
糸状に成長し、胞子を作って仲間を増やしていきます。


・酸素
・5℃~45℃の温度環境(活発になるのは20℃~30℃です)
・水分


これだけさえあれば、カビはどんどん育ってしまいます。
5℃ということは冷蔵庫内ではクリア出来てしまうので、活発ではないものの動かないわけではないのですね。


しかしカビの除去はたやすく、消毒や加熱でほとんどのカビは死滅します。
カビはやたらと強いイメージがありますが、それは
「どこにでもある菌であり、いくら死滅させても環境が整えば繁殖を開始する」
という理由なので、
「とりあえずその場のカビを取り除く、排除する」
だけならそこまで難しく考える必要もないんですね。


とはいえもちろん見た目に心穏やかに食べるなんてわけにはいきませんし、ついている食べ物によっては食べないほうが良いカビももちろんあります。
出来るだけカビを生やさない方法はやはり知っておきたいですね!


【生姜や野菜に生えるカビの種類は?色によってカビの種類は違うの?】

02

先程お話した通り、カビは色だけでしっかり判断することは難しいです。
白カビだと思っていたのは密集度合いが低かっただけで、「集まってきたら灰色→黒カビに変化した!」なんてことももちろんあります。


とはいえ生姜や野菜に多く生える白カビは味噌やしょうゆ、鰹節などを作るときにも使われているカビなので比較的安心して食べることが出来ます。
実際白カビには有害性物質は含まれていないので、多少食べたところで気にすることもないでしょう。


とはいえもちろん大量に摂取する、自分から積極的に白カビを摂取するなんてことはしないほうが安心です。


お餅やパンなどにはよく青いカビが発生します。
これも基本的にはブルーチーズなどに使われているカビと同様のものなので、「お餅のカビは気にしない」という方も多いですね。


しかし青く見えるカビには危険なカビも存在します。
素人の目で判断することは難しいので、青いカビは食べない方が安心だと思っておいたほうが良いですね。


パンなどにはピンク色のカビが発生していることもあります。
ピンク色・赤色のカビは基本的に有害なので、万が一そんな色を見つけたら食べるのは諦めてください。


またカビの色よりも、食品を見るほうが確実です。
表面がぐにゃぐにゃになった野菜などは、やっぱり食べる気がしませんよね。
パンなども糸を引くような菌が発生することもあり、もちろんこの場合も食べるのは諦めましょう。


【生姜にカビが生えた!削れば食べても大丈夫?】

03

白カビの場合は「基本的に害がないもの」ですから、カビている部分を削いで食べるのであれば問題ありません。
大きめに削り、きれいな面を見せてからまた使っていきましょう。


多少のカビは先程もお話した通り、消化の過程……胃酸によって分解され、健康に悪いものは残りません。
大量に食べるのはもちろんオススメしませんので、「カビ部分を削ぐ」など手を加えることはしてくださいね。

スポンサーリンク

「それでもやっぱりカビは気になる!」「妊娠中だし……お腹の子どもに悪影響はないの?」と心配される場合や、ちょっとカビが多めだったかも……など気になる場合は、殺菌作用のある食材を摂りましょう。
殺菌作用のある食べ物で有名なものは「梅干し」「ネギ」「玉ねぎ」あたりでしょうか。
他にも「レモン」「お酢」などは殺菌作用がありますし、もちろん生姜やにんにくも効果があります。


また、腸内環境を整えておくのも菌に負けない身体作りとして効果的ですね。
具体的にはヨーグルトなどの乳酸菌、食物繊維の摂取などです。
胃腸が元気な状態であればカビへの抵抗力も高まりますので、合わせて考えておくと良いでしょう。


殺菌作用のある食べ物も、例えば毒性のあるものを飲んだあとの水のように大量に摂取する必要はありません。
食事に取り込める程度の量で十分なので、
「カビが生えた生姜や野菜などを削いで使う日は酢の物を添える」
など、気楽に考えていきましょう!


【生姜、野菜ににカビないように保存するには?冷凍?冷蔵?】

04

カビについて色々お話してきましたが、やはりそもそもカビないようにしておきたいことに変わりはありませんよね。
カビないようにするための保存方法、しっかり知っておきましょう!


まず最初に常温で保存する場合、新聞紙かラップで包んで冷暗所で保存します。
風通しの良い暗い場所が良いので、棚の奥などじめじめする場所は避けておきましょう。
常温で保存すると切り口がどうしても乾くので、その部分は切り取ってからまた使うようにします。
このような形で保存する場合、10日から2週間は美味しく食べられると思います!


次に冷蔵保存する場合ですが、皮を剥き、切ってから瓶やタッパーなどに入れて保存します。
このときにしっかりと水を入れておくことで生姜を長持ちさせることが可能になります。
ひたひたになるまで水をいれ、しっかり密封して保存すれば1ヶ月程度は美味しく食べられますよ!


水は定期的(3日に1回程度)交換するようにしておきましょう。
またこうやって保存する場合、水ではなく焼酎を使って保存すると、より長持ちさせることが可能です。


しかし水に浸して保存する場合、生姜の魅力である「身体を温める成分」が薄れてしまいます。
冷え性の方などはこの成分を逃してしまうのはもったいないので、この場合は次の方法、もしくは乾燥させて保存する方法をオススメします。
乾燥させて保存する方法はあとからお話しますので、もう少々お待ち下さいね。


冷蔵保存の場合、すりおろして保存する方法もあります。
もちろんすりおろした生姜をそのまま保存するとすぐに変色してしまうので、それを防ぐために少量のお酢を混ぜておきましょう。
お酢を混ぜることにより変色を防ぎ、タッパーなどで密封保存が可能になるのです。


この場合も保存期限は1ヶ月程度が基本だと思っておいてください。


また同じようにすりおろして、冷蔵ではなく冷凍させる方法もあります。
フリーザーバッグにいれて薄く伸ばし、中の空気をしっかり抜いてから保存します。
この方法でも1ヶ月程度は美味しく食べられますが、水に漬ける方法同様で身体を温める成分は若干失われてしまうのでご注意くださいね。


身体を温める効果をしっかり温存して保存しておきたい場合は、乾燥させる方法をオススメします。
この方法だとむしろ「温める効果が何倍にも増す」とも言われてますので、冷え性の方などはぜひ試してくださいね。


乾燥生姜の作り方ですが、
「皮を剥いて薄切りにした生姜をざるなどの上に重ならないように並べて2~3日天日干しする」
これだけなんです。
これなら週末などちょっと時間の空いたタイミングで仕込むことも出来ますね!


カラカラに乾いたら、タッパーなど密封出来る容器に保存します。
この際、乾燥剤などを一緒にいれるようにしてください。


夏に作ろう!乾燥ショウガ。身体も心もポッカポカ


必要な量をその都度出して使えますし、一度手間をかけたらその後の使いやすさは一番です。
またこの方法で保存した場合、数カ月は美味しく食べられるようになるのも嬉しいポイントですね!


【まとめ】

「カビは少量なら人体に悪影響はない」というのも驚きでした。
とはいえもちろん積極的に食べたくはないですし、カビの生えた生姜や野菜はやっぱり見るとがっかりしてしまいます。
適切に保存し、カビを生やさない努力はしていきたいですね。


またもちろん、生ものですから生姜も腐る可能性はあります。
「内部にまでカビが入り込んでいるのが分かる」「変色している」「変なにおいがする」「ふにゃふにゃしている」などがその状況に当たります。
間違いなく「これはおかしい」と気付けますので、その場合は諦めて捨てるようにしてくださいね。


生姜は短期的な保存から長期的な保存まで、様々なパターンに対応して使っていけます。
料理にもたくさん使えますので、ぜひまとまったタイミングで適切に保存し、美味しく食べていきましょう!

スポンサーリンク