バターが賞味期限切れ!食べれるの?いつまでだったら安全?すぐ捨てるべき?

スポンサーリンク

お菓子などを作るときに買ったバター、しばらく使わない間にすっかり存在を忘れて
「気付いたら賞味期限がとっくに切れてしまってた!」
ってなること、よくありませんか?(私はあります)


バターはご家庭によって使う量も回数も大きく変わると思うのですが、特に大きなサイズを買ってしまうとなかなか使い切れないんですよね……。


一度使っていたなら開封済みでもあるしまだ諦めもつくのですが、未開封のまま冷蔵庫の奥にしまい込まれていた場合は何とかして使いたくなります。


バターには賞味期限が設定されていますが、これは守らないといけないものなのか、どのくらいまでなら食べられるのか、しっかり調べてみましょう!


スポンサーリンク

【知っておきたい「賞味期限」と「消費期限」の違いとは?】

01

バターに設定されているのは「賞味期限」とお話しましたが、そもそもよく見かける「賞味期限」「消費期限」はどのように設定されているのでしょうか?


これらの設定は農林水産省のガイドラインにより、それぞれのメーカーが加工食品に設定されているものです。
劣化の早いものについては「消費期限」、比較的劣化しにくい食品については「賞味期限」が設定されているのが一般的です。


言葉は似ていますが賞味期限「適切に保管している場合に美味しく食べられる期限」であり、賞費期限「適切に保管している場合に安心して食べられる期限」という違いがあります。


「日付が書いてあればその日までに」という感覚の方が大半だと思いますが実際はこのような差があり、「賞味期限」に関して言えばその日までに食べなかったといって絶対に食べられないものではないのです。


一方「消費期限」は「安心して食べられる期限」が切れてしまうことになるので、出来れば期限を過ぎたものは食べない方が安心なのですね。


バターに設定されているのは「賞味期限」なので、期限が切れたからといって絶対に食べられないものではありません。
とはいえもちろん「美味しく食べられる期限」は過ぎているので風味が劣ってくる可能性はありますし、賞味期限は基本的に未開封時のものです。
開封済みのバターに関してはその期限は関係なく「出来るだけ早めに」となりますので、ご注意くださいね。


【一般的にバターの賞味期限・消費期限はどれぐらい?】

02

一般的に販売されているバターの賞味期限は、ほとんどの場合「6ヶ月」となっています。
(もちろんバターによって違う可能性もあるので、必ずパッケージの期限は確認するようにしてくださいね!)


先程お話しました通りこれは「未開封時」のものなので、開封後については出来るだけ早く……「2週間」を目安に使い切るようにしておきましょう。
……というのが基本なのですが、実際「2週間以上経ったら食べない」なんて方はほとんどいないと思うんですよね。
冷蔵庫に入れておいて、賞味期限が来るまでは気にせず使っている方が多いのが実態です。


実際それでお腹を壊したなんて話もあまり聞きませんので、やはりバターは思った以上に長持ちする……のでしょうか。
この疑問には、次でゆっくりお答えしたいと思います!


【賞味期限切れバターはいつまで安全?食べても大丈夫?】

03

「開封したバターは2週間以内で使い切るのが基本」
「けれど実際もっと長く使っているし、それで問題も起こっていない」


この差が起こるのは、「バターは基本的には腐りにくい食品だから」という理由によります。
パンくずなどの不純物が入らず、使用したナイフをそのまま入れておくなどの要素もなかった場合、バターは基本的に長持ちしますしカビも生えてきません。


しかしもちろん見た目に変化がなくても風味は劣ってきている可能性も高いですし、確実に安心とはいえません。
賞味期限を過ぎたバターや開封後2週間以上経ったバターを使う場合は、やっぱり自分の責任だということは忘れないで下さいね。


「そんなに早く使い切れないし、小さいサイズを買うのはもったいない!」
そうなんですよね……バターは一応小さいサイズもあるものの、やっぱりお値段を見ると量のある安いほうを選んでしまいたくなるものです。

スポンサーリンク

この場合ですが、「小分けにして冷凍保存」をオススメします!
バターは常温保存はもちろんNGですし冷蔵保存が基本ですが、冷凍保存も実は可能です。


そのまままとめて冷凍してしまうと使いにくくなりますし何度も取り出すことになってしまうので、ひとつずつ使い切りサイズに切り分けてからラップに包んで冷凍庫に保存すればOKです!
解凍は必要分だけ常温や冷蔵状態で放置してOKですが、何度も冷凍・解凍を繰り返すのはバターの劣化に繋がります。
そう言った意味でもやはり、小分けにしておくのは大切ですね!


冷蔵保存する場合も、バターの場合は乾燥から守ることが大切になります。
空気に触れないように切り口などはしっかりラップで包んでから保管するようにしておきましょう!


そして「バターは腐りにくい」、逆に言えば「保存状況が悪ければもちろん腐るしカビも生える」ということも見えてきます。
こういった可能性のあるバターは以下の状態になっていますので、見つけたら食べるのは諦めるようにしてくださいね。


・イヤなにおい、買ったときとは違う匂いがする
・カビが生えている(一部だけ取り除く方法もオススメしません)
・液体が出ていたり脂分が分離している


このように、色や匂いで判断することも十分可能です。


また乾燥した部分が濃い黄色に変色しているのも、見たことがある方は多いのではないでしょうか。
この部分はバターが酸化してしまっているので、絶対に食べるのはやめましょう。
(黄色くなった部分を取り除けばOKです)


黄色くなった部分は酸化してしまっていて、発がん性物質など危険なものに変質してしまっている可能性があります。
食べてもすぐに影響が出ることはありませんが、この物質を溜め込むことにより動脈硬化などのリスクも増してしまうので、絶対にやめておいてくださいね。


これらの条件をクリアして見た目にも匂いも問題なく適切に保管していた場合、バターはかなり長持ちするので、比較的安心して食べられる食材ではあります。
とはいえ基本は賞味期限後2~3ヶ月以内、開封後は期限に関わらず2週間以内に食べることです。
そうでない場合は自己判断と自己責任になりますので、無理をして食べるよりは健康を優先したいところですね。


【賞味期限切れのバターの使い道はある?料理に使える?】

04

賞味期限切れのバターを使う場合、まず先程のチェックポイントを確認しましょう。
全てクリアして食べられると判断した場合でも、例えば「パンに塗って食べる」など直接食べるのは止めておいたほうが安全です。


賞味期限が切れた場合、基本的には加熱調理を心がけましょう。


とはいえパンに塗る場合も最初に乗せてから焼いてバタートーストにするという手段もありますし、そもそもバターの場合は加熱調理しやすいというメリットもあります。
油代わりに使う、お菓子に使うなどの場合も大半は加熱調理することになりますよね。


例えばこういったメニューならとてもお手軽で、使いやすいと思います!


レンジでできる!バター醤油焼きそばの作り方 | How to make Butter and Soy Sauce Yakisoba


子ども1人でも作れるお菓子なども、楽しみながら一気に消費出来ますね!


子ども1人でも作れる!スタバ風チョコスコーン/みきママ


普通の料理にもお菓子にも幅広く活躍してくれるので、今後はぱぱっと使い切ることを目標にしたほうが良いかもしれませんね!


【まとめ】

バターの場合は使い道が多いので、「賞味期限が切れそう!」と気づいた場合も様々な料理に使えるのが強みです。
冷凍保存出来るのも強いので、買ったら最初にある程度小分けにして冷凍する癖をつけておくのもありかもしれませんね。


バターは適切に保管することが本当に大切なので、空気に触れないよう、酸化させないよう、そしてパンくずなど他の不純物が混ざらないように注意して保管するようにすれば長持ちもしやすいです。
バターを保管するための容器なども売られていますので、よく使う方はそういったものを使うのも良いですね。


適切に保管しながら長持ちするように心がけ、美味しく食べていきましょう!

スポンサーリンク