赤ちゃんにぶつぶつが!鼻・口のまわり・おでこ・ほっぺにできる原因4選!

スポンサーリンク

baby-772439_1920

赤ちゃんの肌といえば、つるつるですごくきれいですよね。でも免疫力が弱い赤ちゃんの肌はとってもデリケート。気づいたらお顔にぶつぶつが…一体何が原因なのでしょうか?今回、場所別に探ってみました。よかったら参考にしてくださいね!


スポンサーリンク

赤ちゃんの「鼻」にぶつぶつ・ポツポツが!原因と対処法とは?

baby-428395_1920

顔の真ん中にある「鼻」のできもの…目につきやすく気になりますよね。「鼻」にできる湿疹とはどのようなものなのでしょうか?


新生児によくみられる「鼻皮脂」とは?

生後間もない赤ちゃんにみられる鼻の白いぽつぽつ。これは「鼻皮脂」とよばれるもの、全く問題ないそう。放っておけば自然に消失します。この湿疹は赤ちゃんが成熟した証とされていて決して悪いものではありません。鼻の皮膚が薄いために皮脂腺が目立つだけだったり、お腹の中で守っていた脂が浮き出たものともいわれます。


個人差はあるものの、1、2か月でなくなるようです。気になる方は優しく洗浄することや保湿を心がけると、早くなくなるかもしれませんよ。その後、見られる湿疹は「脂漏性湿疹」もしくは「アトピー性皮膚炎」かもしれません。肌の清潔を保ち、保湿をしっかりと行ってください。それでも治らない場合は皮膚科で相談をしてみてください。


参考URL:




赤ちゃんの「口のまわり」にぶつぶつ・ポツポツが!原因と対処法とは?

赤ちゃんのお口といえば、母乳やミルクを飲んだり、よだれがでたりといつも湿っていることの多い場所です。なかなかケアが難しいですよね。起こりやすい湿疹について調べてみました。


よだれによるかぶれまたは食物アレルギー?

口の周りが荒れる場合、考えられるのは食物アレルギーまたはよだれかぶれです。おそらく多いのは後者の方です。


新生児のうちはあまり動かないのでよだれも少ない赤ちゃんも多いですが、少しずつ動いたり離乳食を食べるようになると、よだれや食べ物で口の周りがよく汚れるようになりますよね。これがかぶれを起こす原因です。予防策としては、ごしごしと拭くと肌によくないので水で流し、清潔なガーゼでふき取るのが一番よいです。また乾燥し過ぎるのも荒れる原因となりますので、保湿もこまめに行うことが大切です。


食べ物のアレルギーについては生後半年から検査もできるので調べてから試す方が無難です。もし、アレルギー反応が出た場合、湿疹が全身に回ったり、おう吐や下痢など重症化する場合もあるので注意が必要です。肌の清潔を保って、保湿しても治らない場合は、皮膚科で相談しましょう。


参考URL:




【公式】「よだれ 肌荒れ かぶれに注意!?」(5月31日放送)|テレビ西日本

赤ちゃんの「おでこ」にぶつぶつ・ポツポツが!原因と対処法とは?

赤ちゃんのおでこといえば、汗もよくかくところですね!そんなところにぶつぶつがあったら、なかなか治りにくいかもしれません。

スポンサーリンク

保湿しすぎが原因?考えられる病名とは

おでこの湿疹で考えられるのは「あせも」「新生児ニキビ」「脂漏性湿疹」があります。


おでこに保湿は必要ですが、本来そんなに乾燥する部分ではありません。なので逆に手厚く保湿しすぎると、逆に肌トラブルを起こしてしまう原因になります。それが「あせも」などを引き起こしやすくします。頬や口周り程の保湿はしなくても大丈夫です。


「新生児ニキビ」は生後1週間から1か月、「脂漏性湿疹」は生後4か月までに発症しますが、清潔にしていれば、沈静化していきます。寝具などにも注意し、爪でひっかかないよう場合によってはミトンを使用しましょう。少し様子をみても治りが悪い場合や、広がっている場合は皮膚科を受診してください。


参考URL:





赤ちゃん【脂漏性湿疹】顔や頭皮の症状・市販薬での治し方


赤ちゃんの「ほっぺ」にぶつぶつ・ポツポツが!原因と対処法とは?


頬にできる湿疹には「新生児ニキビ」や「アトピー性皮膚炎」などが考えられます。「新生児ニキビ」は先にも説明した通りですが、「アトピー性皮膚炎」は「脂漏性湿疹」とよく似ています


しかし、強い痒みをともなうことや繰り返すことなどもあり、根気よく付き合って行く必要があります。しかし大人のアトピーとは少し違い、この時期のアトピーは治ってしまう場合も多いので、そんなに神経質にならないようにしてください。


他の湿疹と同様、洗いすぎず、肌を清潔に保つ、保湿を行うことなどはもちろん、長時間の湯につかることや寝具などにも気を付けてください。洗濯洗剤が残らないようにすることも重要です。アレルゲンがはっきりした場合はそれに気を付ければ大丈夫です。いずれにしてもよくならない場合は皮膚科への受診をおすすめします。


参考URL:




赤ちゃんの湿疹/小児皮膚科ー大木皮膚科/病院・東京


【まとめ】

では赤ちゃんの湿疹についてまとめてみます。


1、赤ちゃんの「鼻」のぶつぶつ
生後間もなくできた「鼻皮脂」は成熟の証で自然に消失する。「脂漏性湿疹」「アトピー性皮膚炎」の場合は肌の清潔を保ち、保湿する。長びけば皮膚科へ。

2、赤ちゃんの「口」のぶつぶつ
  「よだれによるかぶれ」はこまめに口をゆすぎ、保湿も行う。「食物アレルギー」にならないよう前もって検査をしてから食事を始める。

3、赤ちゃんの「おでこ」のぶつぶつ
  「あせも」「脂漏性湿疹」「新生児ニキビ」保湿のし過ぎには気を付けよう。肌の清潔を保って、保湿もほどほどに。ひどくならなければ自然に治ります。

4、赤ちゃんの「ほっぺ」のぶつぶつ
  「新生児ニキビ」「アトピー性皮膚炎」アレルゲンの特定ができるまでは肌の状態や寝具・肌着にも気をつけて痒くならないようにしよう。ひどいようなら皮膚科へ。


ここに挙げたのは1例ですので、その部分に限ったものではありません。赤ちゃんのためにできる限りしっかりとケアしたいですね!

スポンサーリンク