暑中見舞いをメールで送ってもOK?メールで送付する場合の文例とルール

スポンサーリンク

1FotorCreated

もうすぐ暑中見舞いの季節ですね!暑中見舞いの時期になると送らなくては、、、という思いにかられるものの、筆をとるには面倒だな、と思ってしまう!そんな筆者と同じ思いの方はいらっしゃいませんか?では、メールで暑中見舞いを送っていいものか、これも微妙に迷う。そんなわけで暑中見舞いについて色々と調べてみました。


スポンサーリンク

暑中見舞いとはそもそもどんな習慣なのか?

暑中見舞いというのは本来は、日ごろお世話になっている方や親元を訪ねて贈り物をしたりするものでした。それが、郵便制度の発達により簡略化され、はがきや文章を交換する習慣として定着しました。夏の暑い時期に相手を見舞ったり、自分の近況を知らせたりするものです。


いつ送るのが最適なのか

4FotorCreated

「暑中」というのは二十四節気の「大暑(たいしょ)」に当たる期間を言います。暑中見舞いとしては7月20日前後から立秋(8月7日)までの間に送るのが最適です。立秋を過ぎてしまったら、いくら暑くても残暑見舞いとして送りましょう。


メールで送るのは失礼?

2FotorCreated

これだけ電子メールが発達した現代ですから、暑中見舞いもメールとして出したいと思いますよね。でも、相手が上司や目上の人の場合、メールでも暑中見舞いは失礼となることもあります。友人や同僚などの場合は、構わないでしょう。パソコンでデザインした暑中見舞いを作ることもできますし、インターネット上のグリーティングサービスを利用するのも良いですね。






メールで暑中見舞いを贈るときの文例

メールで送る暑中見舞いの文例を掲載します。ご活用くださいね!

スポンサーリンク

仕事で付き合いのある相手に贈る暑中見舞い

シンプルな文面です。素っ気ない感じがしますね。

暑中お見舞い申し上げます(冒頭の定型句には句読点不要です)

平素は格別の引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
その後、弊社の○○の使い勝手はいかがでしょうか。
ご利用に際し、何か不明な点などございましたら、いつでもお問い合わせください。

暑さきびしい日々が続いております。
ご自愛ください。

(署名)


仕事でお付き合いのある相手に贈る暑中見舞い

いただいたお中元のお礼メールを兼ねた文例になります。暑中見舞いの返信にもアレンジできそうですね。

暑中お見舞い申し上げます(冒頭の定型句には句読点不要です)

平素は格別の引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
このたびはご丁寧なお心遣いを頂戴し、ありがとうございました。

また、改めてご挨拶にお伺いします。
暑さはこれからが本番ですので、どうぞご自愛ください。

(署名)


親しい人宛ての暑中見舞い

親しい間柄の方には、特に体裁にこだわらず近況連絡をメインにすればよいでしょう^^

暑中お見舞い申し上げます(冒頭の定型句には句読点不要です)

ご無沙汰しています。元気ですか。
夏休みは帰省する予定です。
時間が合えば、久しぶりにご飯でもたべましょう。

まだまだ暑くなりそうだけど、身体に気を付けて。

(署名)


もし、相手から暑中見舞いがメールで届いたら?

暑中見舞いを送っていない人から暑中見舞いメールが来たら、すぐにお礼メールを送ります。その際は返信機能を使わず、お礼のメールを兼ねた暑中見舞いメールとして新たに書きます。もし、変身する日が立秋を過ぎているなら残暑見舞いとして送りましょう。


暑中お見舞い申し上げます(冒頭の定型句には句読点不要です)

○○様、ご丁寧に暑中見舞いをお送りいただきまして、ありがとうございます。
お心遣いには日頃より深く感謝いたしております。

きびしい暑さが続きますが、
〇〇様におかれましても、どうぞお元気にお過ごしください。
今後とも、変わらぬご愛顧・お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

(署名)


まとめ

3FotorCreated

親しい間柄や、相手がメールで暑中見舞いを送付された場合はメールで暑中見舞いを送っても問題ないでしょう。返信の場合はリプライではなく、新規で書くのがマナーです。
ただ、eメールが発達したこの時代だからこそ筆を使って書いてみたいですね!

スポンサーリンク