オーストラリアへタバコの持ち込みはOK?オーストラリア在住主婦が教えるタバコ事情!

スポンサーリンク

01

オーストラリアタバコ事情、実はかなり厳しいことご存知ですか?タバコの値段だけでなく、喫煙できる場所などかなり限られています。
日本もだいぶ喫煙者には厳しくなりましたが、オーストラリアは日本と比べ物にならないくらい厳しいです!


オーストラリアへ行かれる予定の喫煙者のために、実際にオーストラリアに住む私がオーストラリアのタバコ事情についてお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

【喫煙者にはキツイ!オーストラリアはタバコに超厳しい!】

オーストラリアはタバコの価格、喫煙できる場所やタバコのパッケージにいたるまでタバコに関してはとても厳しいです。
というのも国家の医療費負担を軽減するため。喫煙は体に良くないものです。喫煙によってがんなど発症し、手術や通院することになれば医療費がかかります。


オーストラリアも日本のようにメディケアという国民健康保険のようなものがあり、医療費の何割かを国が負担しています。喫煙者が減れば、喫煙による医療費を削減することができるのです。喫煙率の低下により何十億ドルもの国の医療費負担が減ると言われています。


ちなみに、オーストラリアの成人年齢は18歳で、18歳になるとタバコも吸えるようになります。一度タバコを吸うようになると禁煙することが難しくなるため、子供や若者がタバコに興味を持たないようタバコの規制も厳しくなっています。日本のようにタバコの自動販売機がなかったり、おしゃれなタバコのパッケージやCMがないのもそのためです。


【え!?1箱3200円って本当?日本からタバコは持ち込める?】

オーストラリアのタバコの価格は恐ろしいです。1箱25本入り約25ドル!日本円にして約2000円!
さらに、政府は2017年から2020年まで毎年大幅なタバコ増税を行う予定で、2020年には1箱40ドル程度、日本円にして3200円まで値上がりするそう!喫煙者には死活問題ですね。


そんなに高いなら日本から持ち込もう、と考えている方、お待ちください!日本や海外からオーストラリアへタバコを持ち込む場合、50本のタバコ、もしくは50グラムの葉巻またはタバコ製品が免税で持ち込むことができます。(2016年10月現在)これ以上のタバコを持ち込む際は、税金が課せられますのでご注意ください。

スポンサーリンク

ちなみにタバコは、スーパーやガソリンスタンド、酒屋などで買えます。ただし、日本のような自動販売機はないので、店員に直接言わなければいけません。しかもタバコのパッケージも見えるところに置いてあるわけではありません。「〇〇(銘柄)のタバコちょうだい」 ¥と言わないと出てきません。州の法律にもよりますが、タバコの展示が禁止されているからです。


【旅行者は気をつけよう!タバコが吸える場所・吸えない場所!】

02

旅行者が気を付けなければならないのが、喫煙場所。オーストラリアは喫煙できる場所が非常に限られています。基本、屋内は全て禁煙です。喫煙ルームすらありません。


また、州にもよりますが、屋外であっても公共の場(公園や警察がパトロールしている海)、建物の出入り口近くでの喫煙は禁じられています。しかも禁煙エリアは年々拡大していて、私の住む州も先月、歩行者天国などいくつかの場所が禁煙エリアに加わりました。


喫煙できる場所は「Smoking Area」と書かれてある場所、オフィス街であればビルの外に灰皿のついたゴミ箱があるので、その周辺など。ホテルのバルコニーなどは喫煙できる場合もあるので、宿泊の際は喫煙できる場所を確認しましょう。


そしてタバコのポイ捨てには罰金がかかるので、気を付けましょうね。


【オーストラリア人の喫煙事情!喫煙者は多い?少ない?】

こんなに厳しいとオーストラリア人に喫煙者はいないんじゃ?と思うかもしれませんが、多くはありませんがいます。意外と歩きタバコしている人もいますし、オフィス街では休憩時間にはビルの裏や奥まったところで喫煙者が集まっています。オフィスであっても喫煙ルームがないんです。喫煙者にはツライですね…


ただし、法律で禁じられている場合が多いですが、子供がいる公園、学校付近、イベント会場では吸っている人は見かけません。


【まとめ】

オーストラリアがいかに喫煙者にとって厳しい国かおわかりいただけたでしょうか?タバコ1箱3200円なんて、愛煙家でさえも禁煙を考えてしまいそうですね。
オーストラリアへ行かれる予定の喫煙者は、喫煙できる場所にはくれぐれもお気を付けください。オーストラリア旅行を機に、もしかしたら禁煙できてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク