癌封じで有名な京都のお寺・神社3選!癌封じのお参りのお作法とは

スポンサーリンク

01

現在、日本人の2人に1人がになり、3人に1人が癌で亡くなっています。
あなたの周りにも、癌になったことがある人がいるでしょう。
テレビでも、有名人が癌になったという報道をよく聞きますよね。


癌は誰にでもかかる、身近な病気です。
怖いですよね(*_*)


そんな癌を封じてくれると信じられている、お寺や神社があるのをご存知ですか?
癌になっていなくても、予防祈願として訪れる人も多いそうです。
そんな有難い、癌封じで有名な京都のお寺や神社をご紹介します(*^▽^*)


早速見ていきましょう。


スポンサーリンク

【癌封じってそもそもどんな意味?】

02

癌封じとは、文字通り、癌の病を封じることです。
癌の転移や再発防止・予防などを祈願します。
誰だって、癌は怖いです(@_@)


でも神様の力を借りられれば、元気のパワーを頂けそうな気がします♪
癌封じのお寺や神社では、普段通り、お賽銭を入れてお参りします。
癌封じのお守りがあるところが多いです。


癌封じのご祈祷を行っているところもあります。
ご祈祷に本人が行けなくても大丈夫!


代理の方の場合は、ご利益を頂きたい本人の名前でご祈祷してもらってくださいね(*^-^*)
今癌と闘っていらっしゃる方や、あなたが健康でいてほしいと思う方に、ご利益がありますように。


【京都で有名な癌封じお寺・神社3選! その1:因幡堂(平等寺)】

不治の病として恐れられていた癌を患った多くの人々が、最後の拠り所としたのがこの因幡寺
現在まで、癌封じの薬師如来として信じられています。
癌封じのご祈祷もして頂けますよ。


初詣の時には、甘酒がふるまわれるそうですよ(*^。^*)
混雑が予想されますので、お気をつけてくださいね。


住所:京都市下京区不明門通松原上ル因幡堂町728 平等寺境内(びょうどうじけいだい)
電話番号:075-351-7724

スポンサーリンク

因幡堂 公式サイト



【京都で有名な癌封じお寺・神社3選! その2:天龍寺】

03

世界文化遺産にもなっている天龍寺には、癌封じのお守りがあります。
六瓢箪(むびょうたん)というもので、6つのひょうたんが付いているのですが、『無病息災』とかけているそうです。


『ひょうたんには神が宿ると言はれ六瓢(むびょう)は「無病」に通じ脳、肺臓、心臓、肝臓、脾臓、腎臓、を病気から守ると共に父、母、兄、弟、妻、子、六新の無病息災を守るといわれています。』と書いてあるそうです。
初詣は相当混み合いますので、時間にゆとりをもって行ってくださいね。


住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号:075-881-1235


天龍寺 公式サイト



【京都で有名な癌封じお寺・神社3選! その3:猿丸神社】

「猿丸大夫はこぶとりの神様」と言われることから、癌封じのご利益があるとされています。
「こぶ=癌」と考えられているんですね。


境内には、病気が治った方がお礼に奉納した『木のこぶ』も数多く並べられているんですよ!(^^)!
癌が治った方の『木のこぶ』を見れば、たくさんの勇気が頂けそうです(^^♪
ぜひ見てくださいね!


癌封じのお守りもあります。
それほど大きな神社ではないのですが、やはり初詣は混み合いそうです。
お気を付けください。


住所:〒610-0201 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
電話番号:0774-88-3782(昼) 0774-88-2362(夜)


猿丸神社 公式サイト



【最後に/まとめ】

04

1. 日本人の2人に1人が癌になる現在。癌はとても身近な病気です。
2. 癌の転移や再発防止・予防などを祈願してくださる、癌封じのお寺や神社があります。
3. 京都で有名な癌封じのお寺や神社は、因幡寺・天龍寺・猿丸神社!


「笑うと体の免疫力が高まる」という統計があります。
病気になると気持ちが落ち込みますが、癌封じのお参りなどをきっかけにして、できるだけ明るく笑顔で過ごせるといいですね。
あなたの大切な方にご利益がありますように!

スポンサーリンク